"百の剣亭" キャラクター作成ルール - サイトルール
 ここは、"百の剣亭"で使用するキャラクターを作成する際に守るべき事項を定めたページであり、サイトルールの一種となります。
 以下を熟読し、間違いのないようキャラクター作成を行ってください。
 分からない部分は雑談で確認し、作成前に明確にするようにしてください。
 
 また、この作成ルールは、"百の剣亭"のフリースタイルセッションにおけるルールです。
 キャンペーン形式のキャラクターの作成には適用されず、キャンペーンの各GMが設定するものとします。
キャラクターシートの枚数
・当サイトに登録したプレイヤーには、フリースタイルセッション用のキャラクターシートが最初に“5枚”配布されます。

・シート枚数はフリースタイルセッションの「PLとしてのセッション参加回数 + GMとしてのセッション参加回数×4」の数値が“15(15ポイント)”ごとに“+1枚”されます。
 ※これらをシートポイントと呼称し、シートポイントの計上方法はイベントによって変動することがあります。

 また、死亡やレブナント化といった理由で(不幸にも)キャラクターが使用不能となった場合にもキャラクターシートの枚数は“+1枚”されます。
 シートの保有枚数や、現在のポイントは個人のプレイヤー情報ページから確認出来ます。

 また、蛮族PC枠のキャラクターシートも“1枚”配布されます。
 蛮族PC枠のキャラクターシートは現在、最大で“1枚”となり増えることはありません。
 蛮族PC枠についての詳細は、蛮族PC(サイトルール)を確認してください。
スタートレギュレーション
"百の剣亭"では、以下に規定する3種類の開始方法(スタートレギュレーション)があります。
どのスタートレギュレーションから開始するかは任意選択となります。
スタートレギュレーションは、キャラクターダイスを振った後に決定しても構いません。成長を決定した段階またはセッションに参加した段階で選択していたスタートレギュレーションが適用されます。

3種類のスタートレギュレーションについて、キャラクターの初期経験点やガメルは、以下に規定します。

☆0スタート
経験値:5,000点
ガメル:3,000G
名誉点:15
成長:任意の箇所を1回、成長選択できます。
最低レベル:3レベル(キャラクターのレベルは3レベル以上に設定してください)
☆3スタート
経験値:20,000点
ガメル:40,000G
名誉点:400
成長:任意の箇所を1回、成長選択したあと、成長ルールに従って経験値分の成長を選択してください。
開始レベル:
 経験値20,000点は☆3(7レベル以下、経験値25,000以下) 相当ですが、必ずしも7レベル以下に留める必要はありません。
 一点集中で技能を取得し、8レベル(☆4)等からの開始も可能です。
☆6スタート
経験値:50,000点
ガメル:100,000G
名誉点:1,000
成長:任意の箇所を1回、成長選択したあと、成長ルールに従って経験値分の成長を選択してください。
開始レベル:
 経験値50,000点は☆6(10レベル以下、経験値55,000以下) 相当ですが、必ずしも10レベル以下に留める必要はありません。
 一点集中で技能を取得し、11レベル(☆7)等からの開始も可能です。
キャラクター能力値の作成
 キャラクターの能力値の作成は「キャラクター作成所(要ログイン)」で行います。
 以下に初期能力決定のルールを記載します。

 キャラクターを作成する際は、自分のIDでログインし、キャラクター作成所を活用します。
 種族、生まれを決定し、タイトルかコメントに振った振った回数が分かるよう記載してください。また、割り振り作成は採用していません。
 
 振り直しは3回まで認められます。
 振り直しの途中で「種族」や「生まれ」を変更することは認められません。
 また、振り直した場合、前の結果は破棄されます。
 振り直しは最初の結果より1時間以内のみ有効とします。
 3回目の振り直し(合計で4回目)の時、ダイス平均が平均値(3.5)以下だった場合に限り、もう一度だけ振り直すことが出来ます。(通称:泣きの1回)
 「種族:人間」の「生まれ:冒険者」に限っては、振り直しが認められません。
キャラクター能力値の成長
 キャラクターの能力値の成長はサイトルール「能力値の成長」を確認してください。
作成可能な種族
 現在、フリーセッションスタイルのキャラクターとして、以下の種族が作成可能です。

人族PC
  人間、エルフ、ドワーフ、タビット、ルーンフォーク、ナイトメア、リルドラケン、グラスランナー、シャドウ、フィー、フロウライト、ハイマン、ミアキス、ヴァルキリー、ソレイユ、レプラカーン、センティアン(ルミエル)、センティアン(カルディア)

蛮族PC
  ダークドワーフ、ドレイク(ブロークン)、ラミア、ウィークリング、ラルヴァ


 [分類:蛮族]及び[分類:人族/蛮族サイド]のPCの作成には制限があります。
 詳しくは蛮族PCのページを参照してください。
トラブルシューティング
 作成所を利用した際のトラブルについて、よくあるものをまとめました。

Q.振り直しの際に「生まれ」や「種族」を間違えてしまいました。
A.「結果」と「残り回数」を破棄し、次の振り直しに「先の結果は間違いです」と明記してください。
   ※振り直し1回目でミスした場合、残り振り直し回数は「2回(+泣き)」となります。

Q.振り直し3回目で「生まれ」や「種族」を間違えてしまいました。
A.振り直し2回目の結果を採用してください。もし2回目が平均を割っていた場合、泣きの1回は振ることが出来るとします。

Q.振り直し回数を間違えて多く振ってしまいました。
A.多く振ってしまった分を破棄し、振り直し3回目(泣きの1回)の結果を採用してください。

Q.平均を割っていないのに「泣きの1回」を振ってしまいました。
A.結果を破棄し、振り直し3回目の結果を採用してください。

Q.最初に選ぶ「生まれ」や「種族」を間違えてしまいました。
A.諦めて結果を受け入れ、キャラクターとして申請してください。

Q.生まれ「冒険者」でも振り直しがあると勘違いしてしまいました。
A.諦めて結果を受け入れ、全ての結果をキャラクターとして申請してください。シートの残り枚数以上に振ってしまった場合は、過剰な結果を破棄してください。

Q.シートの残り枚数が0なのに振ってしまいました。
A.結果を破棄し、改めてシート枚数が増えてから振ってください。
初期の穢れ度
 作成したばかりのキャラクターが復活済みとなる設定を許可します。
 それに伴う初期の穢れ度の任意設定(レブナント不可、穢れ4点以下)を許可します。
 ルールブックに定められている種族の穢れ度より低く設定することはできません。
 また、穢れ度を設定したことにより、蘇生表の適用を行えます。
 キャラクター作成時に適用する蘇生表は穢れ度の回数分だけ、任意に選択での適用を許可します。
 ただし、そのキャラクターをプレイする上でセッションの障害となるかどうかはプレイヤー自身がよく考えて適用してください。
 セッション参加後の穢れ度の変更、適用蘇生表の変更は認められません。
引継キャラクターについて
 当サイトでは、現在のレギュレーションとなる前に扱われていたキャラクターがあり、それらをリビルドしたキャラクター(引継キャラクター)を扱っています。
 引継キャラクターは、フリーセッションスタイルに参加するキャラクターであり、最初に与えられるキャラクターシートの枚数から除外して計算され、死亡などでキャラクターが使用不能となった場合でもキャラクターシートの枚数の補填はありません。
 引継キャラクターは、引継ルールの中でリビルドが行われます。詳しくは、引継ルールページを確認してください。
FreeStyle Online Session of Sword World 2.5 TRPG
サイト規約
PL規約
GM規約
プレイヤー登録
百の剣亭Wiki
冒険者登録
冒険の仲間たち
冒険の書/セッション
魔物データ