プレイヤー規定
プレイヤーに対する管理上の規定を以下に書きます。
罰則規定
サイトに対し、不利益になると判断される行為をしたとき、以下の罰則が適用される。
罰則が適用されてから二ヶ月間を観察期間とする。
この期間中に、新たな罰則が適用されることがなかった場合、罰則適用回数をリセットする。
この期間は罰則を課されるたびに累積し、セッション参加禁止期間中はカウントが停止する。
セッション参加禁止期間および、罰則適用日数は各々でカウントすること。これを怠った場合、Lv1の罰則を適用する。
管理者の判断により、罰則の内容は変更されることもある。

罰則規定 Lv4(分類4)
対象:サイト運営に障害となる極めて悪意を持ったプレイヤー
1回目 サイトの出入り禁止
罰則規定 Lv3(分類3)
対象:悪意を持ったプレイヤー
1回目 管理者からの警告
2回目 サイトの出入り禁止
罰則規定 Lv2(分類2)
対象:寝落ちしたプレイヤー、故意にサイトルールに違反したもの
1回目 参加者からの注意、管理者への報告
2回目 管理者からの警告
3回目 二週間のセッション参加禁止
4回目 四週間のセッション参加禁止
5回目 無期限のセッション参加禁止
罰則規定 Lv1(分類1)
対象:明らかなサイトルール違反、過度なマナー違反
1回目 参加者からの注意
2回目 参加者からの注意、管理者への報告
3回目 管理者からの警告
4回目 二週間のセッション参加禁止
5回目 四週間のセッション参加禁止
異議申し立て
セッション中、GMの不条理な判断や行動により、PLもしくはPC、当サイトに不利益を与えた場合、そのセッションで行われたあらゆる事柄を巻き戻すことができる。
但し、PLの行動によるものが原因で不利益が生じた場合、これは基本的に認められない。

例として次のものをあげる

グレードにそぐわない障害によって、PCが不利益を被る
常識の範囲外のシナリオギミックによって、PCが不利益を被る
著しく公序良俗に反したシナリオによって、PL、PCが不利益を被る
著しくゲームバランスを崩すと判断されるアイテムにより、サイトが不利益を被る
尚、これらの最終的な判断はサイト管理者が行うものとする。
決して、PL、GM間で行わないこと。

※トラブルの元となるため、公の場での異議申し立ては極力避けるようにして下さい。
寝落ちについて
寝落ちに関しての判断基準。
寝落ちはすべて、罰則規定Lv2の対象となる。
寝落ちの定義
下記のいずれかに該当した場合、寝落ちと判断する。

・宣言なしで10分以上発言がなく、かつ呼びかけに対し5分以上返答がない
・朦朧としており、セッション続行が不可能だとGMが判断する

また、ゲームルーム入室時から退室するまでをセッションとする。
寝落ちはセッション中に眠ってしまうことだけではなく、次のような悪質なセッション参加態度全般を指す。
・宣言なしの長時間の退席
・予測できうる事象にも関わらず、それによりセッション続行不可
寝落ち時の対処
・寝落ち時におけるPCの操作権はGM、あるいはGMが指定したPLに委ねられる。
・その際、PCのリソースは制限なく使えるものとする。
・それにより、望まぬリソースの消費、ペナルティや死亡などの不利益を被ったとしても、異議申し立ては原則認められない。
・GMはPCの取得する経験点、報酬、名誉点を一部、もしくはすべて没収してもよい(経験点の放棄にはならない)。
・寝落ちしたPLが覚醒した場合は操作権をPLに戻す。但し、あくまで寝落ちしたことについては覆らない。
GMが寝落ちした時の対処
・GMの寝落ちが認められた時点で、PL全員の同意によりセッションを中断できる。
・但し、セッションが進行していない状況では、PL全員の同意によりセッションを中止できる。
・中断したセッションは、日程を調整し再開できるよう心がける。
・例外的に、寝落ちによる延期時はキャラクターデータを保存し、別セッションに出てもよい。
・延期した場合において全員参加による再開が難しいと判断されるときは、できるだけ参加人数が多いときに、参加できないプレイヤーの操作権を他のPLもしくはGMに委ねて再開するのが望ましい。
・その場合、例外的に経験点の放棄・報酬の放棄・名誉点の放棄が認められる。
・GMは、そのセッションにおけるGMPは取得できないとする。
FreeStyle Online Session of Sword World 2.5 TRPG
サイト規約
PL規約
GM規約
プレイヤー登録
百の剣亭Wiki
冒険者登録
冒険の仲間たち
冒険の書/セッション
魔物データ
掲示板
意見板
GM特典