同族への墓参り : 日誌
エリザ  (投稿時キャラデータ) ノア 2020-06-28

彼は、随分と、高ランクで戦ってきた戦士であったらしい。

ニーヴガンド、百の剣亭の高ランクではほとんど見かけない、同族の一人であった。
話は聞いていた。高火力のレギレクスの亜種にかみ砕かれて、再起不能。いや。死亡したという話だ。

不思議と悲しみというものがなかったのは、きっと、その戦場に私がいなかったから、ではない。
それは、彼が蘇生を受け入れなかったからだろう。

彼は、戦士として。圧倒的な壁に阻まれて死んだ。
そして、そこにあったのはきっと、心が折れたからではなく、戦士として満足できたから帰ってこなかったのだろう。

で、あるのならば、同じ戦士として、同族として、声を上げるならばこうだ。

『じゃあね!同族。アンタは戦士として逝ったのね!またいつか、楽しみましょう!!』

墓参り用に買ったお酒を思いっきりお墓にかけた後。
自分にも彼にもらしくない花束を、墓前に供えて、私は、普段と変わらぬ、日常へと戻るのであった

- 既読者数:23 いいね!:0
2018.10.15から集計
ソード・ワールド2.5およびソード・ワールド2.0は、グループSNE、および富士見書房の著作物です。