経過観察終了 : 日誌
アニムス・バズカ  (投稿時キャラデータ) Farner 2021-03-10

この日記は魔法文明語で記述されています。

【リジェネレイション】の行使から、ちょうど1カ月。
経過は順調。無事、手足が再生しました。
医者に見せたところ、まだリハビリが必要だそうです。
まずは手足の完治という節が幕を閉じたことを祝いましょう。

彼女の治った身体を見せるため、2人を連れ、まずは家族の元へと連れて行きました。
家族同士で嬉しそうに抱き合っているのを見て、なんだかこちらまで心温かくになりました。
親子水入らずで過ごさせ、後日迎えに来ようと思っていたのですが、彼女に引き留められて一晩過ごすことになりました。

完治祝いを兼ねて彼らは私をもてなしました。
良くされればされるほど、私の中には罪悪感が渦巻きます。

彼らに私の身の上の話を聞かれたのである程度話しました。
すると、私を家族として迎え入れたいとのことです。
うれしい誘いでしたが、これは丁重にお断りしました。
前世の残した本に、伴侶は魔力を持つ者が望ましいと書いてあったからです。
彼らからは魔力を感じ取れません。

治療のために使用していた借家は売却。
彼女は私の推薦でアークフィリアに入学。私の相部屋になります。
お兄さんはシーン神殿に住み込みになります。
後は各々の道を進んでいくことでしょう。

身の回りの世話でだいぶ筋肉が付きました。
ひとまず、経過観察はこれで終了とします。

- 既読者数:43 いいね!:0
2018.10.15から集計
ソード・ワールド2.5およびソード・ワールド2.0は、グループSNE、および富士見書房の著作物です。