レッドGM

目次

ご挨拶

こちらのページをご参照いただきありがとうございます。レッドGMと申します。
円滑なセッション進行のため、予めお目通しいただけましたら幸いです。
独自ルールが多いですが、PC側が有利になる物が多いです。
グレード跨ぎは歓迎しています。人数が少ないよりは、よほど良いと思っています。

レギュレーション

  • SW2.5ルールブック『Ⅰ』~『Ⅲ』、エピックトレジャリー採用
  • 戦闘は特記なければ『上級戦闘』

卓の傾向について

  • 元ネタが分かりやすいシナリオが多いです。なので、元ネタが分かってもセッション中は内緒にしてください。(タグ・ここではない異世界)
  • シナリオの傾向は、真面目な物からおふざけとバラバラです。
    なので、セッション情報に記載をしていますのでご確認下さい。
  • RP重視です。ただ、戦うだけは嫌いなので、一本道でもストーリーを入れます。
  • セッション情報のタグと卓の傾向は必ず見てください。PCがそういう状況になります。
    そうした状況が了承できない場合は、参加の方はご遠慮ください。
    最初からいなかった物として、途中退室されても構いません。
  • シナリオによりますが、基本的に日常シーンでは死にませんし、生命抵抗を失敗しても重度の気絶扱いです
    心配な方は死亡する場面か聞いてください。
  • タグ・ここではない異世界に関しては、真面目かつ戦闘が厳しい場合があります。
    元ネタがあるので、基本的には王道の冒険だと思って下さい。
  • 金、土の夜に関しては、25時終了を目指しますが、長くなる可能性がありますのでご了承下さい。
  • たいした戦闘はしないので、さくさくやりましょう。

補足

  • 一点特化型のビルドのPCに対して、当然のように相性の悪い敵をぶつけるタイプの人です。
    ちゃんと苦手な相手への対策している人や、手札の多い人がそれらを活かせるような環境の方が健全ですよね。
  • オリジナルアイテムを出す傾向にありますので、資金を多めに持たれることをお勧めします。
  • 称号を作るのが好きなので、キャラ作りに受け取ってください。
    なお、セッションでのプレイに関係ない称号は作成しません。
  • GMのPCを参加させる事があります。戦闘に参加する場合は、PLの誰かに操作をお願いします。
  • 無理に戦闘をする必要はありません。TRPGの良さは、場合によっては戦闘をせずに事件を解決できる事だと思っています。
    ただし、魔物知識判定後に反応や解説を見てから、RPをがらりと変える行為はやめてください。
  • シナリオ内のNPCに対して、不当に悪口を言うのは好みません。不必要に口汚い言葉は、読んでいて不快だと思うからです。
  • 基本的にPCが知らない情報を基に行う不自然なRPは好みません。(ただし、PLの知っているPC同士のつながり等で知っている場合はOKです。知っているか知らないかは、ダイスで2択を振ってください)
  • たまにギミックのある戦闘を作っています。シナリオ中にNPCの口からヒントを出したりしています。
  • NPCは、生き返らない物として扱って下さい。

選考基準

セッション情報に書いていない場合は、バランス重視で考えます。 候補が複数いる場合、下記の条件を満たすPCだと採用確率が上がりますが絶対ではありません。

  • レッドのPCを採用していただいたGMのPC
  • タグに関係ある称号を持っているPC
  • 依頼人とコネクションを持っているPC
  • 該当セッションのグレードより上のグレードに参加できるPCを持っていないPLのPC
  • ノリの良いPC
  • 卓返しをしてくれるGMのPC
  • 以前に開催した卓と関わりのあるPCもしくはPL(疑似キャンペーンと言う形でセッションを行っている事があります。)
  • GMも人間なので、前回開催して問題があるなと感じたPLは人数が足りてなくても外させて貰うか、卓を流す様にします。
  • グレード跨ぎは歓迎しています。人数が少ないよりは、よほど良いと思っています。
  • 特定のPC同士で組たいと書かれても困ります。
  • 年齢1桁の女の子のPCは不採用です。
    シナリオ中で、そこまで幼い女の子を出されると扱いが困るからです。

ここではない異世界について

シナリオの傾向

  • GMが独自に解釈した元ネタありありのシナリオです。
    シナリオの元ネタが分かった場合、リザルトや掲示板でお話しください。シナリオ中のネタバレは厳禁です。
    勿論、それとなくシナリオを有利に誘導するのは歓迎です。
  • SNEの作品に関しては固有名詞をそのまま使用しますが、それ以外は設定や名前を一部変更しています。
  • ラクシア以外での冒険になります。

どんなPCが向いているか

  • 王道のシナリオなので、正義の心を持って戦えるPCが望ましいです。
    依頼人や護衛対象を前面に出したり、自分の身を第一に考えるPCには向きません。

難易度

  • 殺意マシマシの強敵が出てくることが多いです。
    しかし、ギミックを設けたり、共に戦う仲間たちがいる事が多いです。
  • 26時までの終了を目指しますが、休日前の夜の開催だとやむを得ず遅くなる可能性があるので時間を気にされる方は、そうした旨を頭に入れて応募してください。
  • その代わり、報酬等はかなり高めに設定しており、買取り可能なオリジナルアイテムを出す傾向にあります。

アビス武器

世界観によっては、禍々しいアビス武器の所持はトラブルの基になります。
そうした不利益を受けたくない場合は、卓が始まる前にアビス化していないと宣言して下さい。
その代わり、アビス化のメリットデメリットを無くしたデータでの参加になります。

疑似キャンペーン

  • シナリオの仕様上、疑似キャンペーン的な物となっている物もあります。
    その際には、以前参加したPCから聞いたという形でRPをしても構いません。
    勿論、情報を知らないというRPでも不利益にならない様にシナリオを考えています。

ここではない異世界で制限される技能と剣の加護について

  • シナリオによっては、有利不利になる職業や性別、種族がありますのでご了承ください。

種族

基本的に、人間が有利になっても不利になる事はありません。
リカント、リルドラケン、タビット、レプラカーン等は、元ネタの世界のモンスターとして扱われる場合があります。
ナイトメアは角を隠すようにしてください。
上記の種族の特性や剣の加護は、場合によってはトラブルになる可能性があります。
場合によっては、シナリオ中は封印した方がいいものも出ると思います。

プリースト

一部の特殊神聖魔法の使用が制限されます。
ラクシア以外での冒険によるMP消費増加はありません。

ライダー

一部の騎獣の使用を制限します。
騎獣による探索等は本人が行っているとします。

エンハンサー

世界観によっては使用不能です。。
使用した場合、トラブルになる可能性がある物もあると頭に入れておいて下さい。

ガン

世界観によっては使用不能です。
代わりに、同じランクの弓を支給します。
矢については全て持っている物としますが、リザルト後に消費申告した後、使った矢の代金をお支払い下さい。

マギテック

世界観によっては使用不能です。
代わりに真語か操霊魔法を同じレベルで使用可能とします。

アルケミスト

世界観によっては使用不能です。
ただし、カードを使用する事で似たような魔法をカードを使用する事で使えます。魔力は、アルケミスト技能+知力とします。
中には使えない物もありますので、使用出来る魔法はGMに確認をとって下さい。

剣の加護

世界観によっては、エルフとドワーフは、剣の加護が使えなくなる代わりに精神抵抗が+1されます。
その場合、エルフは、フェアリーテイマー技能の消費MPが-1されます。
その場合、ドワーフは、プリースト技能の消費MPが-1されます。

ローカルルール

技能について

  • 真偽判定・異常感知判定・危険感知判定を除きPCからの能動的な判定を許可しています。
  • 金属鎧による水泳は、ファイター及びフェンサー技能なら-4で判定、他なら-6で判定可能とします。
  • スカウト及びレンジャーは、不利な環境においては-2で判定が可能です。

ファイターについて

  • ファイター技能で射撃武器を使用可能とします。武器の習熟に合ったランクの任意の物が使用出来ます。(補正ダメージは乗ります。)
  • 最大MPの1/4に当たるMPを消費する事で、刃の付いた武器で「オーラ斬り」を使用とします。宣言特技と同時に使用出来ます。
    効果は、敵の防護点を半分にした上で、C値をー1にしてダメージを与えます。クリティカル無効の敵にも有効です。
    魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。
  • 最大MPの半分に当たるMPを消費する事で、刃の付いた武器で「ハイパーオーラ斬り」を使用とします。宣言特技と同時に使用出来ます。クリティカル無効の敵にも有効です。
    効果は、敵の防護点を0にした上で、C値をー2にしてダメージを与えます。
    魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。

グラップラーについて

  • グラップラー技能で金属鎧及び盾を装備する事で、後述の闘士になれます。
  • 最大MPの半分に当たるMPを消費する事で「必殺技」を使用出来ます。宣言特技と同時に使用出来ます。
    効果は、敵の防護点を半分にした上で、C値をー1にしてダメージを与えます。(金属鎧グラップラーなら、C値9で計算)
    1R有効ですが、FAには乗りません。魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。
  • 「投げ強化」を持っている場合、最大MPの半分に当たるMPを消費する事で「マッスル・スパーク」を使用出来ます。
    効果は、敵の防護点を0にした上で、C値を8にしてダメージを与える投げ技です。
    魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。
    通常の投げと同様に、命中した相手は転倒状態になります。失敗した場合は、自分が転倒状態になります。
  • グラップラー専用鎧を着るグラップラーについては、格闘武器と同ランクの投擲武器とフレイルの使用が可能です。

シューターについて

  • 弓メインシューターに限り、スカウト及びレンジャー技能をシューターレベル-3持っているとする。
  • 一回の戦闘で一回のみ必殺技「黄金の矢」を使用出来ます。当てたい敵のかばうと障害を無効にします。
    効果は、敵の防護点を半分にした上で、命中を+2、C値をー1にしてダメージを与えます。
    これは、特殊な矢と併用出来ません。
    魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。
    この技は、弓でしか使えません。

プリーストについて

  • 必要筋力内の鎧や武器を装備している場合は、ファイターと同等の命中回避の補正を得られます。
    武器に関しては、盾か鎧の習熟に合ったランクの任意の物が使用出来ます。(補正ダメージは乗りません)

スカウトについて

  • 必要筋力の半分の鎧や武器を装備している場合は、フェンサーと同等の命中回避クリティカル補正を得られます。
    武器に関しては、盾か鎧の習熟に合ったランクの任意の物が使用出来ます。(補正ダメージは乗りません)
  • スカウト及びレンジャーは、不利な環境においては-2で判定が可能です。

レンジャーについて

  • レンジャー技能で必要筋力内の弓と投擲武器を使用可能とします。
    武器に関しては、武器か鎧の習熟に合ったランクの任意の物が使用出来ます。(補正ダメージは乗りません)
  • スカウト及びレンジャーは、不利な環境においては-2で判定が可能です。

フェアリーテイマーについて

  • セッションで、サモンフェアリーを使わないと宣言している場合のみ、全種類の魔法が使えます。

ソーサラーについて

  • 「エンチャントウェポン」「プロテクション」「カウンターマジック」「ファナティシズム」「ファイアウェポン」を本来の消費MP+1で使用可能とします。
    ただし、本来のレベル以上の魔法は使用できません。

コンジャラーについて

  • 「ライト」「ロック」「センス・マジック」「ディスペル・マジック」「バイタリティ」「アンロック」を本来の消費MP+1で使用可能とします。
    ただし、本来のレベル以上の魔法は使用できません。

セージについて

  • 最大MPにセージ技能×3を足せます。ただし、魔法使い系統のレベルが一番高いPCのみです。

オリジナル技能

闘士

  • グラップラー技能で金属鎧及び盾を装備する事で闘士になれます。
  • 非金属鎧Aなら金属鎧Aといった形で筋力と習熟に合う鎧を装備出来ます。
  • 武器の威力に関しては、鎧の必要筋力がそのまま威力になり、格闘武器もしくは非金属鎧の習熟度がAなら+5、Sなら+10と言う形で上昇します。
    これは、どちらか高い方に合わせます。
    種別は、命中+1の1H拳の扱いで、クリティカル値は10です。魔法の鎧なら命中とダメージが+1になります。
    装備した鎧のランクによって、Aなら+5、Sなら+10と言う形で威力が上昇します。
    これは、上記の武器の威力の上昇にプラスされます。
  • 投げを強化する格闘武器以外は装備出来ませんが、追加ダメージのプラスは格闘武器の習熟に合わせます。
  • 盾を装備した場合は、追加攻撃が発生しません。
  • 魔法の使用に関しては、通常の金属鎧のペナルティが無くなります。
  • 生命抵抗及び精神抵抗が+1されます。
  • 最大MPの半分に当たるMPを消費する事で「必殺技」を使用出来ます。宣言特技と同時に使用出来ます。
    効果は、敵の防護点を半分にした上で、C値を-1にしてダメージを与えます。
    1R有効ですが、FAには乗りません。魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。
  • 「投げ強化」を持っている場合、最大MPの半分に当たるMPを消費する事で「ローリング・クラッシュ」を使用出来ます。
    効果は、敵の防護点を0にした上で、C値を8にしてダメージを与える投げ技です。
    魔晶石やMCCから魔力は借りられません。
    通常の投げと同様に、命中した相手は転倒状態になります。失敗した場合は、自分が転倒状態になります。
    アビス化した武具を装備していると使用出来ません。

ローカル戦闘ルール

行動順

  • 人間同士やオリジナルモンスターの場合、敏捷度の高い順からの行動になります。(事前に宣告します)
  • 先制が取れた場合は、取れたPCから行動可能です。
  • FAの場合、最初の行動+敏捷度順の行動の2回行動です。
  • ラウンド開始前に、敏捷度アップの指輪等を割ることで、本来の敏捷度から割ってプラスになった敏捷度の間で任意に動けます。
  • 行動順を最後にする事で、他の仲間の行動を待ってから行動出来ます。
    後述の「第七感(セブンセンシズ)」に目覚めたラウンドのみ、任意のタイミングで行動が可能になる。
  • 他人を対象とする補助効果の持続時間については、かかった時+持続時間とする。
  • 第七感(セブンセンシズ)」に目覚めた時、+が1増える毎に敏捷度は6増えている物とする。

気絶状態の扱いについて

  • 気絶状態のPCはギブアップを宣言した場合、戦闘に復帰できませんが攻撃の対象になりません。
  • 物理攻撃の対象となった場合回避判定はできず、(攻撃が自動失敗しなければ)命中となります。防護点は有効です。
  • 生命/精神抵抗を要求する攻撃への抵抗は可能とします。 ー後述の「第七感(セブンセンシズ)」は、気絶した上で、HPが0以下ならどのタイミングでも可能とする。

その他

  • マッピング等はPC側で行ってくれれば助かります。
  • 移動時の位置調整はPL側にて行っていただけますと助かります。

本当のローカルルール

第七感(セブンセンシズ)

  • 戦闘において、五感にペナルティがついた場合、PC側の任意で補助動作で「第七感(セブンセンシズ)」に目覚めたとします。(ただし、PT内の半数以下の人数しか目覚めません)
  • 気絶状態は五感全てを失っている物とします。
    ただし、HPが-7以下で無ければ「第七感(セブンセンシズ)」に目覚めません。
  • 発動後、HPが1以上になり、MPが全回復した上、ペナルティ修正が消えて行為判定(ダメージ等も含む)にボーナスが付きます。
    更に敵からの行為で新たにマイナスの効果が付くことはありません。
  • 常時特技「不屈」を得ている状態です。
  • ボーナスは、「視覚」「触覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」の内、+1を基準に1つ増える毎に+1の修正を得ます。
    更に任意の戦闘特技を失われた五感の数だけ得ますが、自動取得の常時特技は覚えません。
    C値は1マイナスの上、クリティカル無効の敵に対して有効になります。
  • 戦闘後に「レベル+7+(5-目覚める前に失われた五感の数)」を目標とした生死判定をしてもらいます。生死判定に成功した場合、物理的な欠損以外は「第七感(セブンセンシズ)」に目覚めた事で回復します。(治る例・鼓膜を破ったり、目を傷つけたり。)
  • 気絶から「第七感(セブンセンシズ)」に目覚めた場合、戦闘中に最もHPが0からマイナスだった時の数字を足して上記の生死判定を行ってください。
  • 人間しか目覚めません。

GM裁定

  • 騎獣や召喚した妖精による召喚魔法の行使を禁止します。
  • PC側からの魔物知識判定と真偽判定は対象に対する敵対行為とみなします。
    なので、行う場合はよく考えて下さい。
  • ラミアやオーガなどの人に化ける一部のモンスターまたは幻覚によって化けているキャラクターについて、文字通り人に化けているものとします。
  • 戦闘からの逃亡については、適宜確認をとってください。
  • 魔物知識判定後に、RPをがらりと変える行為はやめてください。

アイテムの裁定や変更点

〈奇跡の首飾り〉

通常の効果に加えて、装備者はこのアイテムの効果によって振り直した生死判定に+5のボーナス修正を得る上に壊れません。
ただし、生死判定の際に壊すと宣告した場合は、生死判定を成功したものとします。HP1で復活するか、戦闘から離脱するかはPLに任せます。

〈蝙蝠の耳飾り〉

通常の効果に加えて、装備者は半径50m以内に存在する自身に対して透明なキャラクターの位置を認識することができます。
それによって、装備者は透明なキャラクターと乱戦状態になくても攻撃、魔法、効果、任意の除外、誤射の対象とすることが出来ます。

〈ラル=ヴェイネの羽冠〉

使用を禁止する代わりに、セッション開始前に任意の60000G以内の頭用装飾品を代わりに装備すると宣告下さい。

オリジナルNPC

ブランブルグ

“老魔術師” ロウコ・リーブラ

  • 人間/男性/64歳
  • 一人称:ワシor俺/二人称:その時々
  • コネクション:-
    • 「次の依頼はのう・・・」
  • ブランブルグの高級住宅街に住む老魔術師。
  • 若い頃は傾奇者として有名だったが、20年以上前に冒険者として名声と財産を得たことで引退をした。
  • 茶器、薬、書物、詩等に造詣があり、その方面での研究でも有名である。
  • 現在は、篤志家、芸術家のパトロンとしての顔を持っている。

ゴドウ財閥

チャーミー・ゴドウ

  • 人間/男性/11歳
  • 一人称:僕/二人称:色々
  • コネクション:-
    • 「チップを受け取って下さい。」
  • ゴドウ財閥次期当主の少年。
  • ゴドウ財閥を継ぐために容赦ない試練を受ける事が多い。
  • ピエール、フランソワ、その他の騎獣に乗るのが趣味。

ミツカネ・ゴドウ

  • 人間/男性/42歳
  • 一人称:儂/二人称:色々
  • コネクション:-
    • 「チャーミーを宜しく頼む。」
  • ゴドウ財閥当主。
  • ゴドウ財閥を継がせるチャーミーに容赦ない試練を与える事が多い。
  • 妻を5年前に亡くしており、その分の愛情をチャーミーに与えている。

火盗改部

“長官” レオリア

  • 人間/男性/24歳
  • 一人称:俺/二人称:お前
  • コネクション:-
    • 「喰らえ!獅子の咆哮を!」
  • ブランブルグの治安を守る衛兵隊の中でも凶悪犯罪に対処する火盗改部の長官。
  • 2年ほど前に長官になったのだが火盗改部による、時には行き過ぎる取り調べや逮捕に対して意識改革をしようと頭を悩ませている。
  • そのルックスと爽やかさ、そして男らしい熱血漢な性格も相まってブランブルグの女性たちに人気がある。
  • その為中には、火盗改部への悪評を減らす目的で長官に抜擢したという者もいる。

“火盗改部兵” タザワ

  • 人間/男性/35歳
  • 一人称:ワシ/二人称:お前
  • コネクション:-
    • 「怪しい者は全て黒の精神で、日夜勤務に励んでおります」
  • ブランブルグの治安を守る衛兵隊の中でも凶悪犯罪に対処する火盗改部の兵士。
  • 時には行き過ぎた行動もあるが、あくまでブランブルグの治安の為にやっている事である。
  • 職務に対して熱意を持っており、休日も自発的に取り調べをしたりしている。

益荒男塾

“益荒男塾塾長” ヘイゾー・トウゴウ

  • 人間/男性/不明
  • 一人称:ワシ/二人称:お主
  • コネクション:-
    • 「ワシが益荒男塾塾長!ヘイゾー・トウゴウである!」
  • アルフレイム大陸だけでなく、ラクシア全土の軍政財界に真のエリートを送り込む私塾「益荒男塾」の塾長。
  • 年齢不詳で古今東西無双とも言われる。
  • どこかの国で将軍の地位まで上り詰めたが、当時共に学徒出陣で出征していた益荒男塾での学友達も失ってしまった為、教育こそ世界の礎と思い教育者となる。

“益荒男塾顧問” イル・ターレン

  • 人間/男性/不明
  • 一人称:ワシ/二人称:お主
  • コネクション:-
    • 「死亡確認」
  • アルフレイム大陸だけでなく、ラクシア全土の軍政財界に真のエリートを送り込む私塾「益荒男塾」の顧問。
  • ドジョウ髭を生やした壮年の男性。
  • 彼が顧問についてから、益荒男塾の塾生の死亡率が大幅に減少したと言われている。
  • なお、塾長よりは話が分かる男らしい。

薔薇の騎士

“薔薇の騎士” アベル

  • メリア/男性/44歳
  • 一人称:俺/二人称:お前
  • コネクション:-
    • 「戦らないか」
    • 「男は度胸!なんでも試してみるもんだぜ」
  • 長命種の メリアの中でもバラの花を咲かせることで知られる「薔薇族」の戦士。
  • 過去にいた偉大な7人の薔薇族の戦士「薔薇乙女」に勝るとも劣らない実力者。
  • 両刀で戦うスタイルだが、防御用の剣を持って戦う事もあり「3刀流」と呼ばれることもある。
  • その正義感の強さと武勇から、助けられた者からは「すごく・・・(人としての器が)大きいです・・・」と評される。
  • 男らしいハンサムな顔つきと、人々の心を包み込むような甘い声から男女を問わず人気があり、各地に薔薇騎士を称える会やファンクラブが存在する。
  • 同じ志を持った実力者には「薔薇騎士」の称号を、若年層でつぼみの様な年代の者にはブロッサムをもじって「薔薇っさぶ」という称号を与える。
  • その為、アベルの事を「バーサルローズナイト」と称して区別することがある。

その他

“青年実業家” カミロ・アクエピオン

  • 人間/男性/30歳
  • 一人称:私/二人称:あなた
  • コネクション:-
    • 「どうですか?このホテルの感想は?」
  • ブランブルグに住む実業家。若い頃は、冒険者を志していた。
  • 様々な事業を多角経営しており、様々な人脈を持つ。

その他

  • PLの方に招待卓開催の案内を送る事もあります。
  • NPCは、フリー素材です。余程、変な扱いをしない限りは自由に使って下さい。連絡不要ですが、卓に関連タグを入れてくれたら喜びます。
  • 何か要望がありましたら、ユーザー間連絡版に送ってください。(要望は必ずしも叶うとは限りません)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-05 (水) 18:40:28 (3d)