Uray-GM

星霊魔術

Uray-GMの卓に登場するエネミーなどNPCは、外宇宙からの脅威たる星霊魔法を使用します。
このページでは、その星霊魔法についての解説を行います。
(2020/07/09の更新にて、魔法データベースの完成とします。7/10【クリエイト・ワームビースト】のエラッタ。ロスト要件を緩和)

1.星霊魔術

 ラクシアから遠く離れた外宇宙、そこには5つの惑星と1つの恒星で構成される5重太陽系が存在しています。
 星霊魔術とは、それらの星々と交信することで得られる魔術的成果をラクシアに「召喚」するものです。
 由来とする星の属性に応じて、赤、緑、金、白、黒の5つの系統に分かれています。
 この魔術の使い手は、5重太陽系の住人<アウトサイダー>か、それらと交信<チャネリング>を行える生物となりますが、通常の場合、普通のラクシアの生命がこの魔術を習得した場合、宇宙の真理に触れることで発狂してしまいます。

2.スターキャスター技能(分類:魔法使い系統Aテーブル)と、契約惑星

 通常の場合PCは習得できない技能です。
 真語魔法をはじめとするラクシア由来の魔法と同様、星霊魔術にも「スターキャスター技能」という対応する技能が存在します。
 また、スターキャスター技能を習得したキャラクターは自動的に「5重太陽系言語」の解読、会話が行えるようになります。
 星霊魔術の魔力は「スターキャスター技能のレベル+知力」、行使判定は他の魔術同様「2d+星霊魔術の魔力」で行われます。
 星霊魔術においては、妖精魔法のようにレベルが1上昇するごとに、惑星と「契約」することで使用できる魔術が増加していきます。
 スターキャスター技能は経験テーブルAに属しており、レベルが1上昇するごとに、赤~黒の5系統×3種、計15種の「召星魔術」から任意の一つを選択して習得し、同時に技能レベルごとにそれに応じた「基本魔術」1つを新たに習得します。
 また、快晴で星空の見える夜21時から朝3時までの間までならば、惑星との「契約」を変更し、別の召星魔術に変更することも可能です。

3.星霊魔術の構成と、星霊素

 星霊魔術は前述のとおり、赤、緑、金、白、黒の5系統、そしてそれぞれの系統において4つの魔術、そして基本魔術15種の計35種で構成されています。
 このうち、基本魔術はラクシアの魔術同様にMPを消費して使用する「交信魔術」です。
 これは5重太陽系由来のものに依存しないもので、これらの魔術を使用した手番の終了時に、「星霊素」と呼ばれるエネルギーが生み出されます。
 「星霊素」は赤、緑、金、白、黒の5種類が存在し、生み出す際はこの5種の中から任意のものを選択します。
 そしてこの「星霊素」を消費して使用するのが、20種の「召星魔術」です。
 これらは魔術ごとに設定された量の「星霊素」と、MP消費して行使されます。
 《魔法拡大/数》などの特技で消費MP量が倍加された場合、その倍率に応じた量の「星霊素」を消費する必要があります。
 また、「星霊素」は戦闘を行っている場そのものに漂っているため、その「星霊素」を誰が生み出したかに関わらず、スターキャスター技能をもつものは誰でもそれを消費して「召星魔術」を行使することが可能です。

4.星霊魔術の使用条件

 星霊魔術を使用する際には、「5重太陽系言語」で詠唱を行わなければなりません。
 通常の生物は呼吸しながら発声する必要がありますが、分類:アウトサイダーの魔物はその必要がありません。
 魔法の発動体は必要としませんが、手で宙に術式を刻む動きを必要とするため、どちらかの手は空いている必要があります。
 金属鎧によるペナルティは発生しません。

5.スターキャスター技能及び星霊魔術の制限

 スターキャスター技能を習得しているキャラクターは、プリースト技能を習得することができません。
 また、星霊魔術に<魔法拡大>などの戦闘特技の効果は有効ですが、<ダブルキャスト>の効果だけは適用されません。
 原則、星霊魔術は「魔法レベル」を要件とした戦闘特技、魔法、効果の対象にすることはできません。
 【ディスペル・マジック】など、打ち消す効果の魔法は有効です。

6.星属性

 星属性とは、分類:アウトサイダーの魔物、および星霊魔術にのみ存在する属性で、本来はラクシアに存在しません。
 前述した魔物と、スターキャスター技能を持つキャラクターはこの属性をラクシアに持ち込むことが可能です。
 戦闘開始時にいずれかの存在がいる場合、【フィールド・レジスト】など属性を指定する魔術を使用する際に星属性を選択することが可能となります。

7.星霊魔術の歴史

 星霊魔術自体は、魔法文明時代以前から細々と、少数民族の巫女などが、その系統を口伝で伝え続けてきたとされています。
 星霊魔術がより、体系的に文献上に出現するのは、魔動機文明中期頃のことです。
 天文学の発達により、より遠くの星を見ることを可能としていた当時の研究者たちの中から、星の影響を受けて発狂、星霊魔術に関する理解不能な論文を残すものがあらわれたのです。
 当然、オカルト染みたこれらの論文は見向きもされず、現在でも眉唾物の、知る者も少ない魔法とされています。
 しかしながら、発狂したものが起こした数少ない事件の存在から、この魔法の実在を知るもの、信じるものたちにとっては、スターキャスター、星霊魔術士は、忌避するべき存在とされています。
 そもそもまず、スターキャスターたちは基本的に気が触れており、常軌を逸した行動をとり、一般の人とは会話が通じません。
 さらに、彼らの中には星と通じたことで狂気的な野望に目覚め、その達成のためならどんな非道なことでも躊躇せずに大量殺人すらも犯すものが少なくなく、歴史の表舞台に出ることはないものの、現代でもいくつかの未解決事件は彼らの仕業、陰謀とされているものが存在します。

8.スターキャスターとなるために

 スターキャスターとなり、星霊魔術を習得するための道のりは決して容易なものではありません。
 星霊魔術の行使のためには、膨大な天文学、神学、生物学、地理の知識、狂気的な研究内容にも耐える精神力(どうあろうとスターキャスターはみな発狂してしまいますが!)、そして星空が見える夜に一晩中交信を行うことが必要となります。
 そのため、並みの魔法使いになるよりもよほど過酷な修行の日々を送らなければならないでしょう。
 ただ、師匠と呼べる存在への師事はそれほど重要ではありません。
 スターキャスターにとっては、交信によって星々から得られる叡智こそが師であり、むしろ他の者は自らが得た知啓を横取りしようとする邪魔者に過ぎないのです。

9.ワームビースト

 【クリエイト・ワームビースト】によって召喚される無脊椎生命、「ワームビースト」は星霊術師にとって欠かせない存在です。
 その生態は特殊なもので、人の眼窩に収まるほどのサイズのワームビーストはそれ単体で一つの細胞、つまり巨大な単細胞生物です。
 彼らは気絶した、まだ命のある生命の体内に収まり、その臓器を食い荒らすことで単細胞分裂を繰り返し、宿主の体内で群れを形成します。
 非常にマナに弱い存在で、大気中のマナに触れているだけで蒸発して消えてしまう脆弱な存在のため、マナに順応した宿主の体液で自らをコーティングして生命保護を行うのです。
 彼らに寄生された宿主は最終的に脳髄までもを貪られ知らぬ間に死亡し、ワームビーストはその中から群れで脱出し、完全に消滅する前に一匹でも多く生き残るため、新たな宿主を捜索します。
 星霊術師がこの脆弱な生命を欲する理由は、星霊素にあります。
 ワームビーストは星霊素のない場所で生み出す臓器を備えており、それは星霊素に事欠くラクシアの星霊術師にとっては非常に重要なものとなります。
 そのため、星霊術師は戦って倒した相手を極力殺さずに、積極的にワームビーストの住処に改造しようと試みます。

10.アウトサイダー

 スターキャスターに叡智を送信する存在、それが「アウトサイダー」という存在です。
 彼らは外宇宙にある「五重太陽系」に存在する、赤、緑、金、白、黒の5つの星に住まう異形の生命体です。
 厳しいカースト制の階級社会を築き上げており、彼らはそれを遵守することに疑問をもっておらず、嬉々としてその身を上位存在のために捧げます。
 その階級は上位者、一般市民、下位市民、栄誉奴隷、奴隷の5段階に分かれており、スターキャスターの召喚、交信に応じるのは多くの場合「一般市民」以下の存在です。
 多くのスターキャスターは階級が上がるほど、より高い次元の叡智を得られると考えており、専ら「上位者」との交信、会話を夢見て日々の研究に励んでいます。
 アウトサイダーは、ラクシアでは共通言語である「五重太陽系言語」で会話を行いますが、稀に交信で覚えた交易共通語や、それぞれの星独自の言語で意思疎通を試みることもあります。
 しかしながら、その精神構造はラクシアの生命体とは相いれぬ、まったく異なったものであり、基本的に取引の類は成立しません。
 以下に、それぞれの惑星と、その住人の特徴を記しています。

A.赤の星

 燃え盛る超高温の赤い炎に常に包まれ、その身を焦がされる赤い惑星です。
 住人はみな、燃える血と溶けない隕鉄の身体に包まれた屈強な存在です。
 赤の星の住人がラクシアに到来した場合、彼らは自らの星にはない水を求めます。
 その理由は不明ですが、一部のスターキャスターは、燃える血をかき消す殺人の道具としての利用を考えているのでは、と考察しています。
 もし、池の水が突如として消失したり、井戸が枯れたりしたのなら、彼らの存在を疑ってもいいかもしれません。
 市民階級は隕鉄の身体を、宝石で彩っているため、階級の見分けは容易につくでしょう。

B.緑の星

 無限の生命を生み出す力を持った緑色の惑星で、その地表は無数の植物によって覆われ、それらは日々異常な速度で成長、開花、枯死していきます。
 住人は体内でウィルスや毒素を生成する能力を持ったものが多く、時には気に入ったスターキャスターの病を治療するため、薬を製造するものもいるといわれています。
 また、この星に降り立った生命は不老不死になれると言われており、長く続く5重太陽系内での戦争で、常に他の星に狙われ続けています。
 緑の星の住人はみな高い知力をもった植物や虫のような生命ですが、その本能に従って銀河中で繁殖することを望んでおり、その知識を引き換えに、宿主を要求することがあります。
 ワームビーストもまた、本来はこの星の住人です。
 階級が高くなるほど、その色合いが派手になる傾向があるようで、やはり階級の識別は容易です。

C.金の星

 神秘的に恒星の光もなしに輝き続ける金色の惑星です。
 ラクシアの人々には理解不能な、建築、医学をはじめとした幅広い分野における超々高度な技術、知識をもっており、もっぱらスターキャスターはこの星の住人との交信を望みます。
 5つの星の中では、比較的損得の基準がラクシアのそれに近く、貨幣経済も発達しています。
 しかしやはりその精神構造は度し難いものであり、気に入った他星の生命体を細胞、神経レベルまで解剖、分解して無機物に鋳込み、生体宇宙船へと改造してしまうこともあり、彼らはそれが被害者にとってとても名誉で幸せなことだと疑っていません。
 瞼のない目玉から、節足昆虫の足のような毛におおわれた尻尾1本とトンボのような翅が3枚生えた奇怪な生物が市民であり一貫性がありますが、奴隷たちの身体構造は多種多様なものです。
 このように市民階級と奴隷階級でその身体構造が全く異なるため、この星の奴隷階級は他の星から連れてこられたものだとも、市民階級は元は侵略者なのだとも言われています。

D.白の星

 年中霧で覆われた海洋とガスで構成された、白い惑星で、地表と呼べるものが存在しません。
 この星の生命体はみな、この環境で生命を維持するため、異常に発達した知覚機能を備えており、その眼はどんな欺瞞をも見通すと言われています。
 5つの星の住人の中でも知的好奇心が旺盛で交信してきたものにも積極的に知識を与えますが、気に入った交信相手が老化することを惜しむあまり、その脳髄を取り出して自らに取り込んでしまうこともあります。
 彼らにとっては知的好奇心=食欲で、脳髄を食らうのもそのためとされています。
 市民階級、奴隷階級共に、脳髄をむき出しにした奇怪な海洋生物のような姿であり、体と脳髄が大きいものほど、階級が高くなります。

E.黒の星

 非常に強い重力を発する、小さな無数の岩塊と太陽の光すら遮断するガスで闇に閉ざされた、漆黒の惑星です。
 住人との交信をしたスターキャスターたちによれば、元々はラクシアに似た青い美しい星だったようですが、その技術力を過信した当時の住人たちの実験が失敗し、現在の惨状となったとされているようです。
 金の星よりも高度な軍事、宇宙開発技術を保有した軍事国家であり、長く続く5重太陽系内での戦争の元凶とされています。
 その性質上、ラクシアからの交信、召喚要請に応えるのはラクシアの環境の偵察のためともいわれており、スターキャスターの中には侵略を恐れるあまり、積極的にこの星の住人に協力、忠義を誓おうとするものもいます。
 その姿は高重力に耐えるために歪に変形した矮小なものであり、見るも耐えない醜い容姿の住人ばかりです。

星霊魔術一覧


基本魔術(交信魔術)


【チャクラ】消費MP5
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル1
対象1体射程/形状10m/起点指定時間一瞬
抵抗必中属性
概要威力0ダメージ。分類:アウトサイダーの魔物に使用した場合は回復。
効果 交信して得た星々の力を対象に放ち、「威力0+魔力」点(クリティカル値:なし)の魔法ダメージを与えます。
 対象が分類:アウトサイダーの魔物だった場合、この魔法の属性は「回復」、抵抗は「なし」となり、対象のHPを「威力0+魔力」点回復する効果の魔法に変化します。


【アイ・オブ・カルネアデス】消費MP2
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル2
対象1体全射程/形状接触/-時間1時間
抵抗任意属性なし
概要知覚:不明を得る。
効果 アウトサイダー、その上位者の視点を手に入れます。
 対象の知覚を「不明」とします。
 知覚:不明は暗闇を見通し、あらゆる視覚による効果を無効化します。
 また、効果時間中対象は天文学について深い知見を得ます。


【クリエイト・ワームビースト】消費MP8
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル3
対象1体全射程/形状接触/-時間永続
抵抗消滅属性病気
概要気絶したキャラクター1体をワームビーストに改造する。
効果 この魔法は分類:機械、魔法生物、妖精以外の気絶したキャラクターにのみ効果があります。
 対象を分類:アウトサイダーの魔物「ワームビースト」の苗床に改造します。
 魔法の効果を受けてから1時間が経過したこの改造は不可逆的なもので、魔法を解除したとしても元の生物に戻ることはありません。


【ティンダロス・ゾーン】消費MP4
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル4
対象1体射程/形状10m/起点指定時間1日
抵抗消滅属性精神効果
概要対象に宇宙的恐怖を植え付ける
効果 この魔法の行使には1分(6ラウンド)かかります。
 対象はこの世の全てに対して、宇宙的恐怖を覚え、発狂します。
 対象は《バニッシュ》(ルールブックⅠ-260P)にある効果表と同じ効果を、2dで決定して適用し、効果時間中それに則った行動を行います。
 その際、まともな思考と呼べるものはほとんどなく、理性的な行動がとれなくなります。


【サモン・アウトサイダーⅠ】消費MP10
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル5
対象任意の地点射程/形状10m/起点指定時間永続
抵抗なし属性なし
概要アウトサイダーの魔物一体を呼び出す。
効果 5重太陽系と交信して、術者のレベル以下(最大6)の分類:アウトサイダーの魔物を呼び出します。
 召喚された魔物は、直後から、術者の指示に従って行動します。
 指示がなければ、自らの意思と判断で行動します。
 この魔法に《魔法拡大》系統の戦闘特技を組み合わせることはできません。


【アームド・テンタクル】消費MP4
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル6
対象術者射程/形状術者/-時間3分
(18ラウンド)
抵抗なし属性なし
概要術者の四肢のいずれかを攻撃用の触手と化す。
効果 星々との交信で得た技術を以て、術者の手足のいずれか一つを触手に変化させます。
 術者のパンチ、もしくはキックいずれか一つを選択して発動し、この効果は累積しません。
 対象のパンチ、あるいはキックを「射程:20m」「威力:(スターキャスター技能レベル×3)」の星属性の魔法の武器として扱う触手、Bランク<格闘武器><フィアーテンタクル>に変化させます。
 打撃点のデータの場合は、打撃点に+(星霊魔術レベル÷3)dのボーナス修正を得ます。
 また、その触手を用いた攻撃の命中判定に+2、与える物理ダメージに+2のボーナス修正を得ます。
名称用法威力必筋命中C値追加D価格備考
<フィアーテンタクル>1H拳10n+2+2打撃武器


【テンタクル・オペレーション】消費MP7
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル7
対象1体射程/形状30m/起点指定時間1分
(6ラウンド)
抵抗消滅属性なし
概要触手で拘束する。
効果 触手で相手の四肢を拘束します。
 対象はあらゆる主動作と、制限移動をふくめた手番の移動ができなくなります。
 対象が脱出を試みる場合、補助動作で筋力判定でこの魔法の達成値と比べ合いを行い、上回らなければなりません。


【チャネリング】消費MP8
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル8
対象1体X射程/形状30m/起点指定時間1分
(6ラウンド)
抵抗短縮属性精神効果
概要対象は効果時間中、「5重太陽系言語」を取得する。通常のキャラクターは発狂する。
効果 5重太陽系の真実を見せて、効果時間中対象に「5重太陽系言語」を習得させます。
 また、対象は発狂し、手番の移動に「制限移動」しか選択できなくなり、すべての行動判定に-2のペナルティ修正を受けます。
 ただし、対象がスターキャスター技能を持っているか、分類:アウトサイダーの魔物だった場合、この発狂とペナルティ修正は発生しません。


【チャクラⅡ】消費MP8
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル9
対象1体射程/形状30m/起点指定時間一瞬
抵抗半減属性
概要威力40ダメージ。分類:アウトサイダーの魔物に使用した場合は回復。
効果 交信して得た星々の力を対象に放ち、「威力40+魔力」点(クリティカル値:10)の魔法ダメージを与えます。
 対象が分類:アウトサイダーの魔物だった場合、この魔法の属性は「回復」、抵抗は「なし」となり、対象のHPを「威力40+魔力」点(クリティカル値:なし)回復する効果の魔法に変化します。


10【サモン・アウトサイダーⅡ】消費MP12
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル10
対象任意の地点射程/形状10m/起点指定時間永続
抵抗なし属性なし
概要アウトサイダーの魔物一体を呼び出す。
効果 5重太陽系と交信して、術者のレベル以下(最大10)の分類:アウトサイダーの魔物を呼び出します。
 召喚された魔物は、直後から、術者の指示に従って行動します。
 指示がなければ、自らの意思と判断で行動します。
 この魔法に《魔法拡大》系統の戦闘特技を組み合わせることはできません。


11⏩△【スピリット・チャージ】消費MP5
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル11
対象術者射程/形状術者/-時間一瞬
抵抗なし属性なし
概要星霊素を生成する。
効果 交信することで自らの中に蓄えられた妄念を解き放ち、星霊素を生成します。
 任意の色の星霊素を2個生成します。
 色は別々でも構いません。
 この魔法は戦闘準備でも使用可能ですが、その際は生成される星霊素は1個となります。
 この魔法を使用した手番の終了時には、星霊素は生成されません。


12【テンタクル・アーマー】消費MP6
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル12
対象術者射程/形状術者/-時間1分
(6ラウンド)
抵抗なし属性なし
概要触手で自分の身体を構成して、身体の能力を強化する。
効果 交信で得た触手の技術で、自らの身体機能を強化します。
 術者の能力値すべてを+6(ボーナス+1)します。
 その他の事項は《ブレスⅡ》(ルールブックⅢ-155P)に準じます。


13【サモン・アウトサイダーⅢ】消費MP15
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル13
対象任意の地点射程/形状10m/起点指定時間永続
抵抗なし属性なし
概要アウトサイダーの魔物一体を呼び出す。
効果 5重太陽系と交信して、術者のレベル以下(最大14)の分類:アウトサイダーの魔物を呼び出します。
 召喚された魔物は、直後から、術者の指示に従って行動します。
 指示がなければ、自らの意思と判断で行動します。
 この魔法に《魔法拡大》系統の戦闘特技を組み合わせることはできません。


14【コンセントレイト】消費MP2
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル14
対象術者射程/形状術者/-時間一瞬
抵抗なし属性なし
概要イメージを研ぎ澄ませる。
効果 術者のチャネリングを強化し、惑星直列を想起します。


15【グランドクロス】消費MP30
系統星霊魔術(基本魔術)習得レベル15
対象5m/20射程/形状30m/起点指定時間一瞬
抵抗必中属性精神効果
概要惑星直列のイメージを共有して、精神を屈服させる。
効果 惑星直列に起因する悍ましい現象のイメージを対象と共有して、宇宙的極限恐怖を与えます。
 この魔法は、術者が《コンセントレイト》を唱えた直後1ラウンドにしか使用できません。
 対象に「威力80+魔力」点(クリティカル値:10)の魔法ダメージを与えます。
 この時、対象が《メディテーション》の効果を受けていた場合、抵抗が「半減」になります。
 対象は《ブレイブハート》の効果を受けていた場合、抵抗が「半減」となり、抵抗に自動成功します。


召星魔術


【プロミネンス】消費MP10
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素赤×1
対象半径5m/20射程/形状30m/起点指定時間一瞬
抵抗半減属性
かつ
純エネルギー
概要一帯を焼き尽くして、威力30ダメージ。
効果 高温の炎で燃え続ける赤の星の力を呼び出して、対象に「威力30+魔力」点(クリティカル値:10)の魔法ダメージを与えます。
 また、抵抗に失敗した分類:植物、アンデッドの12レベル以下のキャラクターは消滅します。


【ブラッド・ストリーム】消費MP8
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素赤×2
対象1体全射程/形状30m/起点指定時間3分
(18ラウンド)
抵抗任意属性なし
概要対象のHP、物理攻撃能力を強化する。
効果 焼ける血を持つ、赤の星の生命体の力を得ます。
 対象のHPの現在値と最大値に術者の「魔力+6」点を追加します。
 効果時間を過ぎたら最大値のみ元の値に戻ります。現在値は、それが本来の最大値を越えていない限り、変化はありません(越えている場合には現在値=最大値となります)。
 また、対象の命中力判定に+2のボーナスを与え、近接攻撃、射撃攻撃を行うとき、その攻撃で使う武器を星属性の魔法の武器として扱い、それが発生させる物理ダメージを+2します。


【ピュア・ブレイズ】消費MP8
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素赤×4
対象半径30mの空間射程/形状術者/-時間1分
(6ラウンド)
抵抗必中属性
概要対象が持つ食料品、植物、毒属性を持つ薬品を全て焼失させる。
効果 細菌にすら過酷な、赤の星の環境をラクシアに再現します。
 効果時間中、効果範囲内の保存食などの食料品、魔香草などの植物、ポーションなどの毒属性を持つ薬品は全て焼けて焼失します。
 この効果は、<永久氷片>を持つ、もしくは<炎身>や<炎無効>を習得しているキャラクターには無効化されますが、この効果の影響を受けてから3ラウンド後に<永久氷片>は溶けて消失してしまいます。


【レッド・ベクトル】消費MP9
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素赤×3
対象1体全射程/形状10m/起点指定時間1時間
抵抗なし属性なし
概要エネルギーのベクトルを操作して、飛行する。
効果 赤の星の生命が持つ、エネルギーのベクトルを操作、調整する技術を得ます。
 効果時間中、対象は自分の意志で空を飛べるようになります。
 高速で複雑な機動を移動することができ、対象は戦闘特技《足さばき》を一時的に習得し、飛行中も制限移動、通常移動を自在にこなします。


⏩【クルーエル・ウッド】消費MP10
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素緑×1
対象術者射程/形状術者/-時間1分
(6ラウンド)
抵抗なし属性なし
概要攻撃を受けた時、それを無効にしてダメージを与える。
効果 無限の命を生み出す緑の惑星の力を呼び出して、自らに有利なフィールドを作り出します。
 この効果の影響を受けた術者に物理攻撃が命中したとき、その攻撃を無効にして、攻撃してきたキャラクターに「威力0+魔力」点(クリティカル値:なし)の魔法ダメージを与えます。
 一度でも効果が発揮された場合、この魔法の効果は解除されます。
 また、この効果は累積しません。


【シード・シェルター】消費MP5
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素緑×2
対象1体全射程/形状10m/起点指定時間1分
(6ラウンド)
抵抗なし属性なし
概要対象が受けるダメージを軽減、抵抗力を強化する。
効果 高い環境適応力を持つ緑の星の生命体の力を得ます。
 対象が受ける物理ダメージ、魔法ダメージを-2点します。
 また、対象は生命抵抗力判定、精神抵抗力判定に+2のボーナス修正を得ます。
 これらの効果は、炎属性の攻撃には適用されません。


【オーヴァード・ワーム】消費MP6
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素緑×2
対象1体全射程/形状20m/起点指定時間1分
(6ラウンド)
抵抗消滅属性病気
概要ワームビーストを召喚して、改造手術を行う。
効果 強化種のワームビーストを召喚して、アウトサイダーに寄生させます。
 対象が分類:アウトサイダーの魔物、あるいはスターキャスター技能を持つキャラクターの場合、全ての行動判定に+1のボーナス修正を与えます。
 対象が分類:アウトサイダー以外の魔物の場合、全ての行動判定に-1のペナルティ修正を与えます。
 どちらの場合でも、6ラウンドが経過した場合ワームは死亡し、対象はHPが強制的に0となります。


⏩【グリーディ・ライフ】消費MP15
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素緑×4
対象術者射程/形状術者/-時間40秒
(4ラウンド)
抵抗なし属性なし
概要無限の生命力を得る。
効果 緑の星の生命の源との直通のバイパスを得て、過剰に貪欲な生命力を得ます。
 対象は一時的に戦闘特技《不屈》を習得し、生死判定を行う際の2dの出目が5以上の場合、その達成値が0未満の場合でも死亡しなくなります。
 この効果を受けている間、対象が受けた傷は全て無数の触手となって花開くようになります。


【ディザイア・ブラスター】消費MP8
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素金×1

任意の数の星霊素
対象1体射程/形状30m/射撃時間一瞬
抵抗半減属性
概要強力なダメージを対象に与える。
効果 神秘の輝きを放つ、金の惑星の力を呼び出して、強力な攻撃を行います。
 対象に「威力(消費した星霊素の数×10{最大100})+魔力」点(クリティカル値:10)の魔法ダメージを与えます。


【ミスティック・チェーン】消費MP5
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素金×1~3
対象1体射程/形状30m/起点指定時間1分
(6ラウンド)
抵抗短縮属性精神効果
概要対象の複数の行動判定にペナルティ修正を与える。
効果 驚異的な技術を持つ金の星の生命体の知啓を得て、神秘の鎖で対象を拘束します。
 対象は命中力判定、回避力判定、防護点に-(消費した星霊素)のペナルティ修正を得ます。


【ブラスフェモス・オペレーション】消費MP5
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素金×3
対象1体射程/形状接触/-時間3分
(18ラウンド)
抵抗消滅属性病気
概要対象の肉体の改造手術を行う。
効果 発達した金の星の医学技術を得て、冒涜的な手術を行います。
 対象は一時的に戦闘特技《両手利き》《二刀流》を習得し、【テンタクル・アーマー】と、両腕に【アームド・テンタクル】の効果を受けます。


【フューチャー・ヴィジョン】消費MP20
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素金×2
対象10秒
(1ラウンド後)
射程/形状術者/-時間一瞬
抵抗必中属性なし
概要10秒後の未来を予見する。
効果 未来を見通す金の星のマザーコンピュータ、その演算能力で10秒後の未来を予見します。
 戦闘に参加しているすべてのキャラクターは10秒後の行動を宣言します。
 その後、効果時間中は、それぞれが必ず、宣言された行動を行わなければなりません。
 その行動そのものが不可能であったり、意図的に行動を変更した場合、そのキャラクターは「威力0+魔力」点(クリティカル値:なし)の星属性の物理ダメージをMPに受けます。
 この魔法は《魔法拡大/時間》の効果を適用することにより、効果時間を延長することが可能です。
 延長した場合、それぞれのラウンド終了ごとに行動の宣言が行います。


【ゴッド・アロー】消費MP12
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素白×2
対象1体射程/形状30m/射撃時間一瞬
抵抗必中属性なし
概要矢を飛ばし、必中させる。威力20の物理ダメージ。
効果 真実を見通す白の惑星の力を呼び出して、対象を狙撃します。
 術者から放たれた<矢>や<太矢>が対象に命中し、「威力20+魔力」点(クリティカル値:なし)の物理ダメージを与えます。
 この際、ダメージは合算されて2倍になります。
 この魔法を使う場合、<矢>または<太矢>を手に持ち、消費します。<弾丸>や<ストーン>などは使用できず、<魔力の矢>も、星霊術と相性が悪いため使用できません。
 <矢>や<太矢>が特殊なものである場合、それが持つ効果も発生します。必ず命中する威力20、C値なしの<ボウ>または<クロスボウ>から放たれたものとして処理してください。
 同時に使用する<矢><太矢>をすべて<矢筒>などの収納具に収め、それを装備しているなら、戦闘特技《魔法拡大/数》により、この魔法を複数の対象に同時に行使することが可能です。


【エリクシル・レイン】消費MP7
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素白×1~5
対象半径5m/15射程/形状30m/起点指定時間一瞬
抵抗なし属性回復
概要対象の傷を癒し、特殊な効果を消失させる。
効果 真実の姿を復元させる、白の星の生命体の力を得て、霊薬の雨を降らせます。
 対象のHPを「威力(消費した星霊素の数×10)+魔力」点、回復します。
 その際、この魔法の達成値以下の達成値を持つ効果を、一部の例外を除いて、対象の望む望まないにかかわらず全て解除します。
 分類:魔法生物、機械の魔物には効果がありません。


【ブレイン・ピッカー】消費MP9
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素白×1
対象1体全射程/形状接触/-時間一瞬/1分
(6ラウンド)
抵抗消滅属性病気
概要対象の脳髄を摘出する。
効果 好む相手の脳髄を捕食する白の星の叡智を行使して、一分後に対象の脳髄を生きたまま摘出していきます。
 この魔法の行使後、対象は10秒(1ラウンド)経過するごとに知力が6ずつ下がっていき、60秒(6ラウンド)が経過した場合、完全に脳髄が摘出され、その段階で知力は強制的に0となります。
 効果の影響で知力が0になっても対象は死亡しませんが、知能が「なし」となり、対象は理性、思考能力を完全に奪われます。
 術者は望むならば、補助動作で脳髄を対象に戻すことができ、術者が死亡した場合でも、脳髄は持ち主の元に戻ります。
 この魔法の行使には、脳髄が入る大きさの、血液で満たされた容器が必要になり、摘出された脳髄はそこに転移します。
 脳髄にあたる器官を持たないキャラクターは対象にすることができません。


【トークフル・フォーリナー】消費MP9
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素白×2
対象1体全射程/形状接触/-時間3分
(18ラウンド)
抵抗任意属性なし
概要全ての言語を習得し、特定の意味を破却する。
効果 白の星の生命、その飽くなき探求心、そしてまじないを破却する力を得ます。
 対象は一時的に全ての言語の会話・読解を得て、その意味を理解できるようになります。
 この効果の影響を受けている間に1度だけ、認識できる範囲において、意味のある言葉で詠唱された魔法または呪歌1つの行使を自動的に失敗とします。
 失敗した魔法のMPや呪歌の楽素は消費されません。
 この魔法の効果の対象は同時に二人以上存在できず、すでに効果を受けた対象がいる状態で新たな対象にこの魔法を行使した場合、新たな対象への魔法の行使は自動的に失敗となります。


【ダーク・スフィア】消費MP7
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素黒×2
対象1体X射程/形状30m/射撃時間一瞬
抵抗半減属性呪い
概要対象のHPを半減する。
効果 全てを浸食する黒の惑星の力を呼び出して、生命力を蝕みます。
 対象のHPを軽減効果などを無視して、現在値の1/2にして、転倒させます。
 対象が抵抗に成功していた場合、現在値の3/4にします。


△⏩【グラビティ・ヤード】消費MP15
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素黒×1
対象半径30m/10射程/形状術者/-時間30秒
(3ラウンド)
抵抗短縮属性呪い
概要対象の移動を封じる。
効果 強い重力波を制御する黒の星の生命体の力を得ます。
 対象は手番の移動が制限移動以外できなくなります。
 この魔法は補助動作か戦闘準備で使用できますが、MP軽減効果以外の戦闘特技と組み合わせることができません。


【タイム・ストップ】消費MP16
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素黒×5
対象1体全射程/形状10m/起点指定時間20秒
(2ラウンド)
抵抗消滅属性精神効果
概要対象の時間を停止する
効果 黒の星で開発された時間兵器を照射します。
 対象の時間を完全に凍結し、対象は一切の行動がとれなくなり、あらゆる判定を行えなくなります。
 また、対象が受けている魔法などの効果の残り時間も効果を受けた時点のもので停止し、ダメージ以外の効果は受けなくなります。
 この効果を受けた対象のHPが0になっても生死判定は行われず、この魔法の効果が終了した10秒後に行います。


【ブラックエンド・ノヴァ】消費MP30
系統星霊魔術(召星魔術)星霊素黒×10
対象半径5m/20射程/形状40m/起点指定時間一瞬
抵抗必中属性
概要威力100ダメージ。
効果 かつて黒の星を滅ぼした、暗黒物質を地表に召喚します。
 対象に「威力100+魔力」点の魔法ダメージ(クリティカル値:12)の魔法ダメージを与えます。
 この魔法を使用した場合、衝撃波によって半径60mの建物は消失し、半径100mまでの建物は崩壊、半径1kmまでの建物は倒壊寸前になります。


コメント欄(何かあればどうぞ)

  • てすと -- uray? 2020-07-05 (日) 15:21:04


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-02 (日) 00:39:04 (7d)