GMローカル

目次

ローカルルール

基本処理

  • 上級戦闘・固定値を使用。ダメージダイス等一部のみダイスを振ります。
  • 採用基準は招待者>回復役≧先制・魔物知識判定役>その他で、それ以外は前衛後衛のバランス、キャラクター的な面でのPC間の繋がり、セッションシナリオへの適性等を考慮して採用を行います。
  • NPCとしてGMの所持PCを登場させることが度々あります。NPCとして登場したセッションの応募PCのバランスが悪い場合、魔物知識判定や先制判定等に参加する場合があります。
    • 所持PCがNPCとして登場する場合、そのPCと面識のあるPCが採用されやすくなる場合があります(絶対ではありません)

GM所持ルルブ・サプリ

  • 2.5
    • ルールブックⅠ~Ⅲ
    • ヴァイスシティ
    • エピックトレジャリー
    • グランセール
    • キングスフォール
  • 2.0
    • EX、PS以外全て

2.5セッションにおける2.0データの扱い

  • 2.0種族:原則として可。勿論、サイトルールで禁止されている種族は不可である。
  • 2.0神格:限定的に可。オリジナル神格であっても参加は可能ですが、特殊神聖魔法の行使は認めません。
  • 2.0流派:不可
  • 2.0アイテム:セッション開始前にGMと要相談とする。

PCの実家設定

ゴンドール子爵家

 ラージャハ帝国に属する貴族です。
 領地は帝国領の中でも辺境に位置しますが、その分砂漠からは離れておりラージャハでは珍しく森林が多い土地です。カカオが特産品となっており、主にサンドフォード商会に売却しその後大陸各地に輸出されています。
 国境より少し奥まった位置に存在しており、万が一国境が攻撃された場合は即応戦力として増援に向かい、それが不可能な場合は国境線が突破される前に第二防衛ラインを構築することが役目となっています。

サンドフォード商会

 ブルライト地方の有力国家、ハーヴェス王国有数の大商会です。
 一次産業、飲食業等を中心とする手堅い商売が持ち味で、鉄道線を用いてドーデン地方にもじわじわと商圏を伸ばしています。ランドール地方のエルヴェシウス商会とは長年の協力関係にあり、勢力的にはこちらが劣るもののほぼ同等の提携相手として縁戚関係を結んでいます。
 クレイスリア王国再興に大きな働きをしたことから王国に大きな利権を持っており、クレイスリア~アルフレイム間の交易はエルヴェシウス商会との寡占状態に置かれています。

エルヴェシウス商会

 ランドール地方でも有力な大商会の1つです。
 造船業を中心に様々な分野に進出しており、優れた造船技術を武器に他地方・他大陸との交易を積極的に行っています。特に数年前、テラスティア大陸で研究されていた技術を導入して魔動汽船の開発に成功したことから、貴重なコア無しに浮遊することのできる飛行船を量産して空路の拡充に邁進しています。
 クレイスリア王国再興に大きな働きをしたことから王国に大きな利権を持っており、クレイスリア~アルフレイム間の交易はサンドフォード商会との寡占状態に置かれています。

“銀眼の獅子”リオン・エルヴェシウス

「己が命を掛け金に、事を成さんとする酔狂な阿呆は嫌いではない。冒険者はその最たるものだな」
 人間/男/47歳
 コネクション:150/300/800

 大商会エルヴェシウスを率いる商会長です。
 大商会の長に相応しい教養と頭脳、そして商機を嗅ぎ分ける嗅覚を併せ持ち、元々押しも押されもせぬ大商家であったエルヴェシウス商会をさらに拡大させてきました。近年では魔導汽船によってアルフレイム全土に商圏を広げつつあり、エルヴェシウスの繁栄を永遠のものとすべく布石を打ち続けています。
 クレイスリア王アレクセイⅦ世とは幼馴染で、悪友として気心の知れた存在です。しかし大陸から離れたクレイスリア王家との繋がりはアルフレイムではあまり有効ではないので、所詮は商人と蔑まれぬよう上流階級との交流に熱心です。経済面への浸透と政治的緩衝材としての振る舞いで、各国での地位を固めています。
 敵対者に対しては容赦がなく、動くとなれば即日根まで断つ勢いで叩き潰すほど好戦的ですが、そうでない者には懐が深く多少の非礼は不問に処します。“粋”“酔狂”などと表現される独自の価値観を持ち、気に入った者には援助を惜しまず子飼いとして迎え入れることもあるようです。
 一方で謀略家としての顔も持ち、必要とあらばどんな冷酷な策も鼻歌混じりに実行しかねないところがあります。大陸各地に諜報の網を張り巡らせており、彼がその気になれば一国を揺るがすことも可能でしょう。

“末子の右腕”オレリア・ベタンクール

「技術者たちには1割の昇給を。なお人型決戦兵器の開発予算案は却下します」
 エルフ/女/42歳

 エルヴェシウス商会の末子、フィリベール・エルヴェシウスの右腕と言われる才女です。
 元々彼の教育係を務めていた人物であり、彼が成長した後も秘書のような立場として仕え続けています。その経歴からフィリベールから全幅の信頼を寄せられており、彼の名代を務めることも度々あります。
 フィリベール閥の中核を務めるだけあって事務処理能力は非常に高く、弁舌も巧みです。彼が冒険者をしていられるのも、彼女の働きによるものが大きいでしょう。しかし、癖の強い人物が多い派閥の統制には少々手を焼いています。
 末子故にフィリベールを厳しく教育することは求められておらず、彼女なりにのびのびと育てたつもりでした。彼が騎士という商人からかけ離れた存在に憧れを抱いているのも、その教育の影響でしょう。しかし彼が陽光騎士団長テオドラ・エクス・レーヴェヒトと出会い、援助の為熱心に商会で働くようになると、血は争えないかと苦笑しながら支えています。
 真面目で自己に厳しく、仕事中には怜悧な印象を受けます。しかし私生活では意外に押しに弱く、プライベートで親しい相手には振舞わされがちです。あれで結構可愛げのある人柄だ、と親しい人物から評されています。
 理知的な美女であり、地位もあって縁談が舞い込むのも度々ですが全く相手にしていません。向こう80年ほど(つまり、フィリベールが生きている間)は縁談に興味を示さないだろうと言われています。

“微笑みの灰伯爵”ジェルマン・マルセル・オークレール

「“綺麗である必要はないが、綺麗に見せる必要はある”…これはエルヴェシウス家の家訓だそうだよ?」
 人間/男/51歳
 コネクション:50/200/600

 商会長リオンの信任厚いエルヴェシウス商会の重鎮の1人です。
 飄々とした印象を与える壮年の紳士で、教養深そうなロマンスグレーの容姿に反して親しみやしく、豊富な話題と小粋なジョークも交えた巧みな話術で人を惹き付ける人気者です。よく舞踏会などに招かれては、パーティの花形として様々な人々に囲まれています。
 元々は滅亡した小国の貴族であり、路頭に迷っていた所を当時のエルヴェシウス家当主に拾われ、その出自と教養を活かして上流階級と交わりつつ、交渉などの仕事を行っています。互いの譲れぬ点、妥協点を見抜き話術で誘導する調停人としての手腕も優れており、貴族や豪商たちから頼りにされる存在です。
 しかしその頭脳が最も煌めきを見せるのは謀略であり、エルヴェシウスの暗部に携わる1人です。一時的な不利益も辞さぬ商業活動に思考誘導、流言飛語等を用いて直接手を汚すことなく、“勝手にエルヴェシウス商会にとって好都合な状況が生まれた”ことにする手腕に長けます。これは商会長リオンも得意とするところですが、よりフットワークが軽い彼が現地入りし計画の立案または修正を行い、場合によっては陣頭指揮を執り行います。
 悪人を自認していますが無力な少年であった自分を拾い、同じく全てを失った病弱な許嫁にも手厚い保護を与えて育ててくれたエルヴェシウス商会への忠誠心は揺るぎなく、謀才は主家の為だけに用いると自戒しています。

“隻眼の黒鯱”アルフォンゾ・レグレンツィ

「蛮族共に、奪われるとはどういうことか教えてやれ!」
 シャドウ/男/43歳
 コネクション:50/200/600

 エルヴェシウス商会に属する私掠船、〈血染めの紅鯱号(ブラッド・キラーホエール)〉の船長です。
 古傷だらけの肉体を堂々と晒した筋骨隆々の豪傑で、懐の深さと荒々しい戦いぶりから絶大な信頼を部下たちから得ています。
 元々は小さな交易船に乗り込む見習い船員でしたが、乗船が蛮族の海賊団に襲われて沈没。戦利品の1つとして奴隷にされたという過去の持ち主です。片目を蛮族の玩具にされたことで失っており、海を荒らす蛮族たちに強い敵意を抱いています。その後エルヴェシウス商会所属の船によって運よく救出されますが、蛮族と戦う為に私掠船の乗組員に志願し船長にまで上りつめました。
 彼の乗艦は着弾時に爆発するバリスタやラムアタック用の衝角など極めて戦闘的に改造されており、海賊船に体当たりを仕掛けては白兵戦で制圧するという荒っぽい戦闘を好みます。その凶暴さから同業者からは畏怖を、蛮族からは恐怖を持って語られています。
 荒くれ者ではありますが命の恩人である主家には忠誠を誓っており、その一門には丁重に接します。一方で海賊には容赦がなく、現役でいれる間にかつての乗艦の仇である蛮族の海賊団を滅ぼすことを悲願としています。

“寂光樹”ジョスラン・オービニエ

「この私に乱を育てず芽を摘めとは…フィリベール様も無茶をおっしゃる」
 メリア/男/132歳
 コネクション:100/200/400

 エルヴェシウス商会のレーヴェヒト王国支部を統括する支店長です。
 穏やかな笑みを浮かべる長命種のメリアで、2m近い長身ながらも場を和ませる雰囲気を纏っています。商売人でありながら利益よりも慈善を好む人格者として知られ、小身の騎士や商人、農民などで彼やその配下の商会に助けられた者は数知れません。没落・破産などで奴隷階級に墜ちかねないところを救い上げられた者も少なくない数が商会員として働いています。
 自ら武器を取って戦うことは不得意ですが、代わりにダリオンの神聖魔法を収めています。騎士と信仰の国に派遣されるだけあってその実力は高く、下賤な商人と侮られないだけの実力を持っています。勿論本業の商才も高く、過度に儲けを追求しない代わりに巧みに利益を分配して着実に独自のコネクションを築き上げています。
 当然ながら国家単位の領域を統括するエルヴェシウス商会の支店長がただの善人であるわけがなく、商会のお家芸である手を汚さずにマッチポンプで利益を得る手法に長けた謀将です。腐敗貴族や悪徳商人に毒饅頭を与えて肥え太らせ、それに潰される人々に手を差し伸べて恩を売りつけつつ適度な頃合いで起爆、予測された混乱に乗じて密かに利益を得たり無主の利権や流通路を確保したりといった工作を好みます。慈善事業も“まさか彼がそんなことをするわけがないだろう”というイメージ戦略という面もあり、利益を分け与えるのも独占して疑いを向けられない為でもあります。恩義を信じ込んで自らもまた善良たらんと振舞う商会員などは恰好の目くらましでしょう。
 レーヴェヒト王国でも本来なら内紛や蔓延する腐敗に乗じてかき乱すところですが、王国の安定を願う主家の末子フィリベールの意向もあり逆に混乱の目を密かに摘み続けています。特に騎士団が首都に集中して治安維持能力が低下して以降は交易路の確保を掲げて私兵や雇いの冒険者を動かし、人々の安全を確保しようとしています。しかし所詮は対症療法でしかなく、根本的な国の乱れを治めないことにはどうにもならないことも理解しています。最悪の事態も考慮し、内戦やそれに乗じて攻め入ってくるであろう外敵に踏み潰される人々を救うべく、密かに備えを進めています。
 間違いなく悪人ですが、本来得意とする仕事と真逆の任務を与えられながらも苦笑いしながら遂行するあたり、良心もまた存在している人物なのだと思われます。

“彼方に遊ぶ”アルベリク・マニフィカ

「かっはははは!びっくりしたな!これ程びっくりしたのは親がタビットのラミアを見た時以来だな!」
 エルフ/男/399歳
 コネクション:100/200/400

 エルヴェシウス商会のエインズワース領支部を統括する支店長です。
 エルフとしても老齢に差し掛かり、皺の多い顔をくしゃくしゃにした人懐っこそうな笑顔が特徴の好々爺です。老人とは思えない程の好奇心と生命力に溢れ、よく街に繰り出しては酒盛りに興じています。威厳はかけらも無いものの不思議な愛嬌があり、人々からは慕われています。
 アルフレイムの全てを巡ったと豪語する元吟遊詩人で、“大破局”以前にはレーゼルドーンやテラスティアといった他大陸も巡り歩いていたと称しています。スケールの大きい話を好むので大法螺吹きと蔑む者もいますが、大陸全域の伝承や説話、民謡などに詳しく誇張を笑い飛ばせるものではありません。優れた真語術師でもあり、それを活かして各地の友人たちの所へよく遊びに行っています。
 天性の楽天思考によって“大破局”後も大陸を巡り歩き、蛮族すらたらし込んでマーマンと泳ぎ、ラミアと戯れ、ケンタウロスと酒盛りをするという種族の枠すら超えた悠々自適の日々を過ごしていました。しかしある日ガルーダに捕らえられ、殺されそうになった所をエルヴェシウス家に救われたことでその一門には従うようになります。アルフレイムを知り尽くした彼の知識は、エルヴェシウス商会の販路拡大に大きく役立ちました。
 その性格から長らく支店長に任じられることはありませんでしたが、それがむしろ適していると判断したフィリベールによってエインズワースへと送られることになりました。現在、実務の多くは部下たちに任せて当人はエインズワースの人々の輪に入り込んでおり、酒場にて大陸各地で歌い継がれてきた唄を、そして“大破局”後に生まれた数多の英雄を讃える勲詩を語り聞かせています。

“ドワーフ越えの”コンラッド・ザカライア・グローステスト

「杯を持て。この一杯で倒れぬなら、話を聞いてやろう」
 人間/男/46歳
 コネクション:100/200/400

 エルヴェシウス商会のアハトギッフェル支部支店長を務める支店長です。
 筋骨隆々の体躯に揉み上げから顎まで立派な髭を蓄えた勇士で、剛力の持ち主ですがそれに反し温厚で思慮深い性格をしています。酒をこよなく愛し、火をつければそのまま燃えると言われるほどの強さから“ドワーフ殺し”の異名を持つ故郷の地酒をいつも持ち歩いていますが、それをストレートで飲んでも倒れない酒豪としても知られています。
 元々はクレイスリア王国軍に属していた叩き上げの軍人で、精鋭と名高い独立防護連隊の連隊長などを歴任した猛者です。しかし寄る年波には勝てず、戦士として衰え始めたことを自覚して退役。繋がりのあったエルヴェシウス商会で顧問をしていましたがフィリベールの求めに応じてバットランズへとやってきました。
 如何にもな武人ですが上官に疎まれて兵站部署に飛ばされた経歴から後方任務にも詳しく、出世してからは前線に出ることも減った為、組織運営の経験も相応に積み上げています。肝心の商才は他の支店長クラスと比べてやや見劣りしますが、頭の上がらない妻の補佐によって十分以上に支部を機能させています。戦場全体を俯瞰的に見ることは不得意ですが夜戦築城と防衛戦のエキスパートでもあり、いざとなれば軍事でも頼りとなるでしょう。

“白影”アントニア・メイヴィス・グローステスト

「あの方が旅立つなら、地の果てまでも従うのみです」
 人間/女/21歳

 エルヴェシウス商会のアハトギッフェル支部支店長夫人です。
 美人ではありますがやや童顔で未だ幼さが残る容姿で、小柄な体躯もあって夫と並ぶとそれが際立ちます。おとなしそうな見た目に反して芯が強く行動力に溢れ、一度決めたことは曲げない頑固さも持ちます。戦闘以外では慎重になりがちが夫の背中を押すことも多く、支部の面々からも頼りにされています。
 クレイスリア王国の男爵家三女として生まれますが、9歳の頃領地に“奈落の魔域”が発生しその場にいた事から飲み込まれます。そこで出会った、魔域排除の為に陣頭指揮を執り自分を救ってくれたコンラッドに惚れ込み告白。当然相手にされなかったものの、以後領主一族の1人として領地の立て直しに奔走しつつも熱心のアプローチを続け、様々な理由を付けつつも結局は奥手なだけだったコンラッドを押し切り16歳の時に結婚。以後は夫に従い、国を出た末にアハトギッフェルまでやって来ました。
 普段は夫を立てて裏方に徹していますが、若いものの商売に関しては天性のセンスを持ち、夫によく助言しています。時に夫と意見を対立させることもありますが、その愛情に揺るぎはなく彼の不利益になることだけは絶対にしません。

“燃え盛る若鷹”レナルド・テオファーヌ・プランタード

「アンナの為にも、夢はでっかく大臣だ!」
 人間/男/20歳

 フィリベールの集めた、エルヴェシウス商会出身の陽光騎士団員の1人です。
 仕立ての良い服に身を包んだ中肉中背の青年で、角のない育ちの良さそうな風貌をしています。若者らしい明るく快活な性格で、誰とでも仲良くなれる社交性の持ち主です。出世願望は強いですが、その理由から真っ当な手段での出世を望んでおり仲間を蹴落とすようなことはしません。
 実家は滅亡した小国の貴族という没落貴族出身で、祖父母は縁戚関係にあったオークレール家の縁でエルヴェシウス家の庇護を受け、以降は一族で商会の為に働いてきました。レナルドもその例に漏れず若手商会員の1人として日々の職務をこなしていましたが、研究の為にランドール地方を訪れたハドルストン子爵家の娘と恋仲になり、つり合いの取れる立場になるべくフィリベールの誘いに乗り陽光騎士団に所属しました。
 プランタード家は元々文官の家系で、お家再興を夢見る祖父からの教育でその技能と、貴族としての物腰と教養も身に着けています。とはいえまだ若いことから商会で大きな仕事を任されたことはなく、その素養が花開くかは今後の経験次第でしょう。

オリジナル国家:禁忌の箱庭クレイスリア王国

 禁忌の箱庭クレイスリア王国


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-20 (月) 01:53:15 (19d)