百の剣亭

GMretra ローカルルール

GMからのお願い

・PC手番のTOPICの更新はPC側でお願いします。

・手番終了時、防護欄に☆と書いてもらえると、手番を終了したと勘違いしたGMがとちることがなくなります。 かなり時間短縮になるので協力お願いします。

採用ルールブックについて

ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ・Ⅱ・Ⅲを採用しています。

SW2種族は、種族のみ使用を許可します。ソード・ワールド2.0のみの種族に関しては、入室時の説明と、キャラクターシート上への種族特徴説明の記入を必須とします。

蛮族PCの参加は禁止します。

選考について

前衛2 後衛2 +a(五人以上の場合)のバランスで選考するつもりです。

基本的に、必要な役割を持ったPCを採用した後、ランダムで採用するつもりです。 PC間の関係性を持ったいわゆるペアキャラなどは卓の選考に考慮しません。ご了承ください。

また、卓内では[冒険者レベル-2]の探索技能を持ったPCがいることを想定しています。
神官が居ない場合、妖精術師を回復役とする場合があります。
その際は、雑談で出来る限り確認を取るように心がけます。

また、過去に寝落ちなどの罰則行為を幾度となく行ったPLは、採用率が大きく下がります。ご了承ください。

傾向

探索6割戦闘4割である場合が多いです。また、道中でリソースを減らそうとする傾向があります。

探索技能がまったくないPTだと、かなり苦戦することが予想されます。

また、探索時の隊列の位置によって、判定値にペナルティを与えることがあります。

隊列決定は慎重に考えてください。

巻き戻し処理について

ダイスを振った後の行動の巻き戻しは基本的にダイスで判断します。

なお、卓が深夜1時を超えた際はこの限りではありません。

敗北時の処理

・ロストはセッションボードに記載しない限り、ありません。

・PTが全滅した場合、[1+1d2]日後に、救助隊が到着し、死体が回収されます。

・PCが一人でも生き残った場合、[1d2-1]日後に、救助隊が到着し、死体が回収されます。

ワンダリングモンスターについて

PCたちが敵地内で一定の場所に留まり続けた場合、PCにとって不利となるイベントを発生させる場合があります。

時短のための処理です。この処理を行う前に、警告は発するように心がけます。

(例:作戦の話し合い中、不意に毒蛇にかまれる。驚いて音を立ててしまい、敵に気づかれて襲われる...等)

不意打ちについて

基本的に以下の裁定でいきます。

・前衛全員が隠密判定達成値[ML+2d6]を満たす。

MLの把握は、確認したPCが[冒険者レベル+知力+2d6]で知名度を抜いた場合に可能とします。

あとは、PCがどんな行動をするかでボーナス値をつけるか、つけないかを判断します。

不意打ちを行った後の隊列は、前衛が敵から5m以内、後衛は元居た場所から開始するものとします。

不思議のダンジョン

タグに不思議のダンジョンと記述されている場合、以下のルールに従って卓を進めます。

 ①探索フェイズ:目標値xxの探索判定or地図作成判定を全員がしてください。MP最大値を"1"減らしてください。
         成功人数に応じて、GMが振るイベント表から、選択できる項目が増えます。
         一度選択した項目は次からは出ません。
         誰も成功しなかった場合、イベント表に『疲労』が追加されます。

 ②選択フェイズ:イベントの項目を選びます。イベントは、選択しない事もできます。
         その場合、イベント表に『疲労』が追加されます。

 ③実行フェイズ:イベントが実行されます。

※イベントの経過時間は1時間とします。

※バード技能の終律、時間のかかるアイテムを"小休憩可"と記述された部屋イベント、ボスとの戦闘以外のイベントで使用した場合、
 バッドイベントが発生する可能性があります。

※"小休憩可"と記述された部屋イベントは、1時間の間安全に休憩することが出来ます。
 1時間以降その部屋にとどまろうとすると、迷宮の構造が変わる可能性があります。

※探索フェイズ実行前に、騎獣を彫像化するかしないか選択できます。彫像化した場合、最大MPの消費はしなくとも構いません。
 その代わり、実行イベント時に敵イベントを選択した場合、騎獣を元に戻すことはできません。

※宝物鑑定判定に失敗した宝は、リザルト時に鑑定屋によって鑑定される扱いにします。
 鑑定代はサイトルールに従い、目標値×目標値×10Gです

※呪いアイテムを装備した状態でセッションを終了した場合、強制的に解呪されます。
 解呪の依頼料はきっちりもらいます。

※救済処置として、PTに帰還の糸というマジックアイテムを事前に渡しています。
 これを使用すればダンジョンの入口まで帰還します。
 その際、経験点は"500+道中"点、報酬は獲得したお宝のみです。戦闘中には使用できません。

イベントは以下の種類です。

部屋イベント:宝箱が見つかる可能性があります。"小休憩可"と書かれた部屋は時間がかかるアイテムの使用が可能です。

通路イベント:引き返すことは可能ですが、その階層の探索フェイズの難易度が+1されます

敵イベント :敵と遭遇し、簡易的な戦闘を行います。経験点を取得できます。

進行イベント:ダンジョンの進行に必要なイベントです。

魔法王の迷宮 秘宝集

【第一層】

魔法王の宝玉 (15000G)

とてつもない量のマナが込められた宝玉。
宝玉の中には、数多の術式が隠されており、解き明かせば
魔法王が生み出した秘術を得られるとか

古代文字のプレート (15000G)

失われた言語や、魔法文明語、複数の言語で構成された文書が刻まれたプレート。
解き明かせば、魔法王が発見した秘術を解く手がかりが得られるとか

第二層へのカギ(15000G)

第二層へと続く扉を開けるカギです。
これ単体では意味がなく、カギに更に正しい術式を書き込んだ上でないと、
扉は開きません。

【第二層】

猛毒の呪術書(20000G)

魔法王ファウストが生み出した毒の秘術に関する書物です。
今は失われた言語など様々な言語で書かれており、解読は困難を極めるでしょう。

アクセル・マジックポット (15000G)

『世界を切り取り保存する』ために用いられると言われる魔法の瓶。
魔法王”ファウスト”はこれに更に手を加え、『その世界の時間を加速させる』効果をつけたとか。

賢者の羽根ペン (15000G)

スフィンクスの羽に、数多の魔法文字が書き込まれている〈羽根ペン〉です。
この〈羽根ペン〉を用いて魔法陣を描くと、魔法の効果が数倍に跳ね上がるとか。

【第三層】

ブラッドソード (13000G)

ある英雄が携えていたとされる魔剣。刀身は常に血に飢えている。

誓いの書 (10000G)

魔法文明時代に作られたとされる、最古の魔術書の一つ。
内容は魔法文明時代の高名な魔術師たちが、魔法に関するありとあらゆる問題、研究について記述した内容がまとめられている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-13 (金) 08:09:31 (10d)