GMローカル

目次

更新

  • 9/14
    • 通常とフリーの項目追加。
  • 9/04
    • ポリモルフについて追記。
  • 8/21
    • 2.0と2.5の差異について記述。
    • オリジナル地名巫女と隷竜の国ラークメルツとそのNPCについて記述。
  • 8/04
    • オリジナル概念及び魔剣病の項目を追加。
  • 6/28
    • NPC及びネームドたち及び十四角騎士(ドレイクイベント)の項目を追加。
  • 6/25
    • 傾向に追記。
    • ルミエルレガシィ
      • セッション開始時の騎獣の所持状況について記述。
    • その他
      • パーフェクトキャンセレーションの詳細を追記。
      • 変更と参照の具体例をさらに詳細化。
    • 魔物知識判定
      • 欠片などのデータについて追加。
    • エネミーデータの判定の項目を追加。
  • 5/28
    • ラクシアゴッドブック
      • 惑いと偽りの神ソーンダークの神格を固定。
  • 5/25
    • アルケミストワークス
      • 〈ミュージックシェル〉の項目を追加。
      • 一般技能の項目を追加。
    • ウィザーズトゥーム:魔動機術に<オプション>の項目を追加。
    • カルディアグレイス:双占瞳の対象が間違っていたため一文を削除。
    • ルミエルレガシィ
      • 騎乗時の封入に一文を追加。
      • 封入を行った場合の処理を追加。
      • 騎乗と操作を追加。
    • 博物誌、GB系、その他
      • ディルフラムを移動&編集。
      • イスカイアを追加。
      • フェアリーガーデンを追加。
      • エターナルエンパイアを追加。
      • エンドレスメイズを追加。
  • 5/22
    • アルケミストワークス:防御ファンブルの項目に暫定QAによる最悪化が読み取りづらかったため視覚化。
    • ルミエルレガシィの項目に<ウェポンホルダー>系の処理を追加。
    • ラクシアゴッドブックの項目に<フェアリードロップ>の項目を追加。(FC関連のものなのであまり関係ない)
    • その他のハウスルール
      • いろいろの項目に<ディスペルマジック>の項目を追加。
      • いろいろの項目に<パーフェクトキャンセレーション>の項目を追加。

【傾向】

  • 極力まじめにSW2.0の世界観に合う様に。
    • メタ発言をするPCは基本狂人として無視されるか、剣の世界の外敵者として敵視を得ます。
      • 一般人の魔神に対する対応並みです。
  • 汝のしたいように為すがよい。
  • 信仰や神族系シナリオ傾向高め。
  • 採用されていないサプリでも敵データ参照先としては出てきます。

【ルール優先度】

サイトルール>ローカルルール>ハウスルール>エラッタ>公式QA>暫定QA>後発サプリ>ルルブ、サプリ>GM裁定案件

【略称】

  • 書籍系列
    • るるぶ1-3,EX 2.0 ルールブック改定版1-3、EX
    • BB 2.0 バルバロスブック Barbaros Book
    • RGB 2.0 ラクシアゴッドブック Raxia God Book
    • るるぶ1-3 2.5 SW2.5ルールブック
  • サプリメント系列
    • AW 2.0 アルケミストワークス Alchemist Works
    • BT 2.0 バルバロステイルズ Barbaros Talcs
    • WT 2.0 ウィザーズトゥーム Wizards Tome
    • CG 2.0 カルディアグレイス Cardia Grace
    • IB 2.0 イグニスブレイズ "イグニスの炎" Ignis Blaze
    • LL 2.0 ルミエルレガシィ "大いなる遺産" Lumiere Legacy
    • FC 2.0 フォルトナコード "見えるはずのなかった現象" Fortuna Code
    • AoG 2.0 エイジオブグリモワール Age of Grimoir
  • ワールドガイド系列
    • DR1&2 2.0 ドラゴンレイド戦竜伝1&2 Doragon Raid War Chronicles
    • DRB 2.0 ドラゴンレイドビギンズ -白き竜の乙女- Doragon Raid Begins
    • PZ 2.0 ザルツ博物誌 "神の座" Player's handbook Zalts natural history
    • PH 2.0 フェイダン博物誌 Player's handbook Feidan natural history
    • PYu 2.0 ユーレリア博物誌 "ユリスカロアの地" Player's handbook Yulleria natural history
    • PDa 2.0 ダグニア博物誌 Player's handbook Dagnia natural history
    • PDi 2.0 ディルフラム博物誌 Player's handbook Dilfrum natural history
    • PYs 2.0 イスカイア博物誌 Player's handbook Yscaea natural history
    • T1 2.0 ツアールーフェリア Tour 1 luferia
    • T2 2.0 ツアーリオス Tour 2 lios
    • TA 2.0 テラスティア冒険録 Terrastia Adventure
    • 2.5 スタートガイド 冒険の国グランゼール
  • ゲームブック系列
    • MC 2.0 ミストキャッスル -蛮都からの生還- Mist Castle
    • FG 2.0 フェアリーガーデン -妖精たちの空中庭園- Fairy Garden
    • EE 2.0 エターナルエンパイア -不滅の探究者たち- Eternal Empire
    • CL 2.0 カースドランド -凶夢への反抗- Cursed Land
    • MG 2.0 ミストグレイヴ -蛮都への復讐- Mist Grave
    • KZ 2.0 カルゾラルの魔動天使 the magitech angel of KarZoral?
    • PSH 2.0 プロセルシア秘史 -暁をうたう竜の娘- Procelsia,a Secret History
    • FT 2.0 彷徨ノ塔 -フォビドゥンタワー- Forbidden Tower
    • EM 2.0 エンドレスメイズ -迷宮創生の魔剣- Endless Maze
  • リプレイ系
    • 挑戦!魔剣が呼ぶ迷宮 2.0
    • アシュラウト 2.0 アシュラウトの無限工房
    • バウムガルト 2.0 バウムガルト迷宮城
    • モンハカ 2.0 モンスターハッカーズ Monster Hackers
  • その他
    • 大陸地図 2.0 テラスティア大陸MAP
  • x色x博
    • PCビルドに関与してくるAW,WT,CG,IB,LL,FC,AoGを左から順に並べた数(色)とPZ,PH,PYu,PDa,PDi,PYsの博物誌を左から数えたもの。PLはそれを元にビルドし、GMの所持状況はそのままPCの活躍可能環境となる。
      • 最大では7色6博だが、百の剣亭環境では5色4博あれば十分である。
      • たまに刃ぶんぶんルンドゥガなCL、テンペストダイヴなMG,ハスハスなKZ,強武器強グラ鎧のPSH、魔卵最高だぜ!EM、トラマナや情報共有手段が生えるDRBが入り込んでくることもある。

2.0と2.5の処理

後出しの法則により、2.5のるるぶに記述されていること以外は従来どおりに扱います。この際、2.0るるぶは一切採用しないものとします。

  • 現状2.5に存在しないアイテムや技能は、サプリなどのまま扱われます。
    • ルールブック記述データであるエンハンサー技能、バード技能、ライダー技能、フェアリーテイマー技能はこれに従い、WTのものを使用します。
      • フェアリーテイマー技能のみ、るるぶ式ではなくWT式のみ使用可能と暫定処理します。※下記WTの項目参照。
    • 戦闘特技のみ、その限りではありません。

【通常とフリー】

  • 通常
  • 敵戦闘能力高め。殺すべき状況なら遠慮なく殺します。失敗して環境がひどくなるのは良くあることです。場合によっては世界線ごとロストします。
  • フリー
    • RP卓である場合基本戦闘はない代わりに選択式。ロストルートは必ずひとつはあり。
      • 誰でも安全ではなく誰でも死ねる構え。

【ローカルルール】

禁止アイテム(サイトルール)

  • アルケミスト・ワークス(AW)
    • 〈一角獣の角〉
    • 〈魔改造初心者キット〉
    • 〈穢れの酒〉
    • 〈穢れの杯〉
    • 〈夢幻の薬〉
    • 〈勇者の証〉
  • 『ウィザーズ・トゥーム』
    • 神器
    • 祭器
    • アーティファクト
    • 高性能魔動機
  • 『イグニスブレイズ』
    • 〈イグニスの楔〉
  • 『バルバロスブック』
  • 以下のアイテム以外の使用を禁止します。
    • 〈脱ぎ捨て加工〉
    • 〈数多の**耳飾り〉
    • 〈人族の血液〉
    • 〈地獄耳飾り〉
    • 〈穢れのナイトバイザー〉
  • 『フェイダン博物誌』
    • 〈スイフトボウ〉
  • これらのアイテムはシナリオ中に我が物顔で登場することはありますが、セッション外へ持ち出すことはできません。

制限アイテム(サイトルール)

セッション内で使用するもののみ記載。それ以外はサイトルールに準じます。

  • AW
    • 〈異形の仮面〉 〈異形の仮面〉の効果はモンスターとの戦闘ラウンド時のみ発揮することとします。
    • 〈ミュージックシェル〉  呪歌の録音は、1つの〈ミュージックシェル〉に対して1セッションにつき1回とします。(通常音声や、効果を持たない歌唱は、何度でも録音できるとします)  呪歌は呪歌判定の結果が録音時に出目7だったものとして、再生されます。(呪歌の達成値を上昇させるアイテムや技能を録音時に使用していた場合は適用されます。)  また、セッション終了と同時に、録音された呪歌は再生不能となります。次回セッションで、改めて録音してください。  その際、中身のリセットを行うため、500ガメル消費することを忘れないでください。
  • 『フェイダン博物誌』
    • 〈カイン・ガラ製ギャンブルポーション〉  筋力+1の効果は、重複しません。

追加で使用するサプリメント・ルールブック

  • GMは全てのデータ群を使用します。
  • 採用状況は卓参加者で統一されません。PLごとに独立します。
  • PLが持っていないデータでも容赦なく使用されます。PC的には未知の技術と戦っているとして諦めてください。GMから簡単な説明はあります。買ってね!(ダイマ)

ハウスルール

選択ルール

  • ◎常時適用、○選択(採用寄り)、△選択(非採用寄り)、×常時非採用
    • ◎信仰と神の力
    • ◎種族特徴の強化
    • ◎絡み武器
    • ×トレジャードロップ
    • ×精神抵抗力の強化
    • ×移動妨害に伴う乱戦エリアの自動形成
    • ×PCによる不意打ち
    • ×閃光石の変更
    • ◎防御ファンブル

アルケミストワークス

  • 賦術(アルケミスト技能)
    • 採用。サイトルールに従う。
  • 防御ファンブル
    • GMPL共に採用。事故はTRPGの華。 暫定QAにより回避放棄は防御ファンブルが全て適用されます。
      • 具体的にはML分追加、欠片分追加、倍化、2回の高いほう、防護点無視が全て乗ります。
      • MAX(算出ダメージ*2+LV+欠片,算出ダメージ*2+LV+欠片) の防護点無視。
      • 例:基本打撃点20、LV欠片15、出目12だとすると94になる。
    • <決死カウンター>や「回避判定を振れない状況での被命中判定」でも回避放棄と同じ処理とします。
  • 絡み
    • ほぼそのまま採用。 大型で多部位の場合、その部位に準じた箇所への絡みのみに変更の可能性あり。
  • 〈ミュージックシェル〉
    • バランス調整のためセッション開始時点で録音済みとして扱います。中身は適時宣言し、録音料金を消費してください。
  • 一般技能
    • 特定の判定に理由をつけて「一般技能+理由に準じた能力値B」で振ることを申請することを許可します。GMを説得してみてください。

バルバロステイルズ

  • 透明処理
    • 採用。
  • 石化処理
    • PCデータは能力値0になった時点で石化。 エネミーデータは3回効果を適用された時点で石化。 石化ペナルティは1体ですが、完全に石化した場合は1体○として扱います。

ウィザーズトゥーム

  • <剣のかけら>による精神抵抗の強化
    • 採用しません。
  • 妖精魔法
    • 妖精魔法の魔法技術は最近までるるぶ式であり、魔法文明時代の記録や記憶の保持者が現れたことでWT式になったとされています。 つまり、両方とも同じ世界に同時に存在しているということです。なので個人ごとにどちらかを選択できるものとします。 セッション開始時に選択と契約状況を宣言してください。るるぶ式の場合、古代種妖精の使用はできません。
    • 契約変更
      • セッション内でも、ゲーム内時間の許す限り変更してもかまいません。
    • サモンフェアリー
      • 魔法行使時のMP消費にMP代行手段は使用してもかまいません。 触媒としてマナチャージクリスタルを使用することはできますが、妖精は中のマナではなく物そのものを持っていくためマナチャージクリスタルは失われます。
    • エネミーデータのWT環境の適用
      • 真語魔法、操霊魔法を習得している者は深智魔法を自動習得します。
    • 分類:妖精でないエネミーデータで妖精魔法を持つ者は、WT式が記述されていない限り、るるぶ式の妖精魔法を行使します。
  • 魔動機術
    • オプション
      • 確認は要りません。自由に使ってください。

カルディアグレイス

  • 鼓咆(ウォーリーダー技能)
    • 使用
      • 反応:敵対的であるエネミーデータを使役できるのであれば、事前支援時にそれを失う代わりに使用してかまいません。
    • 触媒
      • 発動と更新時にのみ触媒が必要になります。維持には必要ありません。
  • 占瞳(ミスティック技能)
    • 使用
      • 占瞳は判定時に消費が確定していないため、消費に制限を指定する効果を無視して行えます。
    • ペナルティ
      • 自発的な☆転倒や目を瞑ることを許可します。
      • <自己占瞳>無しに対象数+1の結果を引き、それによって占者を追加する場合は、すでに結果を得ているため占者ペナルティ-4は掛かりません。
    • 幻視型占瞳
      • 基本的に対象となる判定の直後に行うものとします。
  • 召異魔法(デーモンルーラー技能)
    • サイトルールによりPCは使用できません。GMは使用します。
  • 移動妨害に伴う乱戦エリアの自動形成
    • 採用しません。パラミスなり何なりで乱戦構築しましょう。
  • PCによる不意打ち
    • 採用していても使っている場面を見たこと無いので不採用。

イグニスブレイズ

  • エネミーデータのIB環境適用
    • 前提となるレベルさえ満たしていればそれに応じた置き換えや自動習得が発生するものとします。また、それらを使用する際にPCで使用する場合の前提や装備制限の全てを無視します。
      • 参考IB113。

ルミエルレガシィ

  • <ウェポンホルダー>系
    • 武器と盾以外の1h2hアイテムを収納してかまいません。また、<ミュージックシェル>を入れても鳴り続けます。
  • 騎芸(ライダー技能)
    • 騎乗時の封入
      • 騎乗時に封入した場合、落馬処理として扱います。その後10秒間騎乗することはできません。既に乗降権を使用したラウンドでも、この方法によって落馬(降りる)ことはできます。
      • 封入を行った場合、魔竜の瘴気以外の環境要因によるルール効果(下記)と絡みは解除されます。
    • 騎乗と操作
      • <遠隔指示>を取得していない場合、同座標でも騎乗していない騎獣に指示を与えることはできません。
    • バランス調整のためセッション開始時点で騎手権のある騎獣は全て契約中の騎獣契約証もしくは契約スフィアに封入済み所持中として扱います。

フォルトナコード

  • サイトルールでは採用されていませんが、超越データやエネミーデータや超越者、分類:フォールンは出現します
  • 魔法技能がLV16以上であるエネミーはその魔法で超越判定を行ってきます。
  • 妖精魔法超<プロテクトゼファー>
    • 危害を与えた側に対しては抵抗:必中 効果時間:魔法効果時間まで 達成値0 とします。

エイジオブグリモワール

  • レギオンや秘奥術師は出現します。

テラスティア冒険録

  • 設定とか使うかも程度。

バルバロスブック

  • 採用。守りの剣もなんのその(敵)。
    • 色邪視バジリスクを沢山ご用意してあります。

ラクシアゴッドブック

  • サイトで採用されている神,アイテムは全て使用可能です。
    • 惑いと偽りの神ソーンダーク
      • 記述が古代神のものと大神のものがあるため判断がつけられません。当GM卓では古代神として扱われます。
    • アイテム:フェアリードロップ
      • 妖精超<フェアリーキング>に使用できます。

博物誌、GB系、その他

  • ザルツ
    • 【ファイラステン古流ヴィンド派】
      • 《乱風・双手分撃》を宣言して対応宣言型特技を適用した場合、宣言しているのは《乱風・双手分撃》となります。対応宣言型特技を宣言したことにはなりません。
  • フェイダン
    • 【ライロック魔刃術】
      • <ライロックソード>、<ライロックエッジ>条件を満たせば行使判定にも乗ります。
  • ユーレリア
    • 採用。
      • 強化流派も採用。
      • 恩寵システムはサイトでサポートされていないので採用していません。
  • ダグニア
    • 【ヴェルクンスト砦建築一党】
      • 《レベルインパクト》をヒューレ10<バーサーカーエッジ>で流派装備を1h化して使用した場合、<両手利き>での使用が可能です。
    • 【バルナッド英雄庭流派・討神舞踏剣】
      • 平時は熱狂ゲージが無いためにそれに関する影響はありません。
    • 【不死者討滅武技バニシングデス】
      • 《センス&バニッシュ》射程:視界内(乱戦越しの場合要:鷹の目) 抵抗:必中 効果時間:10秒 として扱います。
  • ディルフラム
    • 【イアンナ流諜報暗殺術】 サイトで名誉蛮族点の習得方法がサポートされてません。
      • 《イアンナの透き通った瞳》この流派の効果時間は対応判定の所要時間と同じになります。
    • 求道者などは敵として出現します
  • イスカイア
    • AoGが使用できないため使用できません。
      • 敵が使用する可能性はあります。魔法文明時代から生きている敵なんて珍しくないよね。
  • PSH,MGの流派
    • PDi,MGの名誉蛮族点流派
      • サイトで名誉蛮族点の習得方法がサポートされてません。
    • PSH【ガドハイ狩猟術】
      • 《瑕割り》射程:視界内(乱戦越しの場合要:鷹の目) 抵抗:必中 効果時間:10秒 として扱います。
    • MG【ジーズドルフ騎竜術】
      • 《テンペストダイヴ》改訂版およびLLに前提となるデータが存在しないため、前提:なしとして扱います。
  • その他
    • DRB
      • 盟竜点 サイトで盟竜点の習得方法がサポートされてません。
    • フェアリーガーデン
      • 騎獣ユニコーン、騎獣スレイプニールを使用してもかまいません。
    • エターナルエンパイア
      • 騎獣スフィンクスを使用してもかまいません。
    • エンドレスメイズ
      • 魔卵を使用してもかまいません。

その他のハウスルール

いろいろ

  • 真語2<ディスペルマジック>
    • 魔法を対象ととるため、抵抗判定は行われません。かかっている魔法を把握していない場合、対象に取れる魔法数が公開されます。
  • 真語12<ポリモルフ>
    • 変身条件はその卓内での申請制魔物智識判定の成功とします。また、変身時に2部位以上の存在や、数m単位であるトロールなどの明らかに体格の異なる存在に変身する時は、ドレイクやバジリスクの変身処理と同じように扱い、装備品が外れたり壊れたりします。
  • 真語15<パーフェクトキャンセレーション>
    • 対象:6m/20の20はキャラクターを示します。効果自体は範囲内であれば影響を及ぼします。キャラクターに掛かっている効果に対しては、キャラクターが抵抗判定を行い、その後"抵抗に失敗したキャラクターに掛かっている効果"あるいは"キャラクターにかかっていない効果"はパーフェクトキャンセレーションの達成値と比べ合いを行い、消滅の可否を決定します。"キャラクターにかかっていない効果"は対象数に含まれませんが、対象にされます。
  • キルヒア13<コンプレーション>
    • 召喚などの属性契約が関係する妖精魔法は使用できませんが、別途フェアリーテイマー技能によって属性契約している場合、<コンプレーション>内でその契約を使用できます。通常のクラス魔法は普通に使用可能です。
  • 変更と参照
    • 能力や効果によって判定や参照能力値の変更が行われ、それを参照する処理が発生した場合、変更した後のものを参照します。
      • 例:<カウンター>+ヒューレ13<☆フェイタル・エッジ>、<不撓のバックル>+グラスランナー種族特徴<マナ不干渉>、<平準の指輪>+キルヒア7<インスピレーション>など。
  • 他のキャラクターを運ぶ。
    • 主動作で他のキャラクターを担いで運ぶことができます。主動作1回毎に1人(1部位)を乗り降りさせます。 筋力B2につき1人を運ぶことができ最中は両手がふさがります。一人につき筋力B3とするならば、片手ですみます。 担がれた者は、担がれている間および降ろされた直後の手番をスキップします。
  • 使役エネミーにアイテムを持たせる
    • 持たせても構いませんが、使用には相応の部位が存在する必要があります。
  • 戦闘中の集中
    • 戦闘中に集中によって能動判定にボーナス修正を受けても構いませんが、1回の判定ごとに宣言し、その回数分だけ10秒間受動行為判定時に-1のペナルティを累積して受けます。

魔物知識判定

  • GMが要求するのは戦闘開始時処理のみです。PLは情報を元に事前の魔物知識判定の要求を行って構いません。なお、行えるのは1種類につきセッションごとに1回のみです。
    • 以前のセッションで判定に成功した相手でも再度振ってもらいます。
  • 魔物知識判定では、神聖魔法の神の名まで見抜くことは出来ません。信仰は神2【ディテクト・フェイス】や会話、言動、態度から察してください。ネームドエネミーはその限りではありません。
  • PCが契約などの変更なしに現状使役可能なエネミーデータはセッション開始時に自動成功しているものとします。
  • 成功すると欠片などが盛られた状態のデータが公開されます。NMは欠片の追加状態をデフォルトとします。

エネミーデータの判定

  • 行為判定
    • 基本的に固定値で運用されますが、超越判定など出目を参照する効果を持つ場合、それに関係する判定のみダイスが振られます。
  • ダメージ決定
    • エネミーデータは「2d+x点」の打撃点決定時に1ゾロでもただの出目2として扱い「2+x点」のダメージになります。威力表の際には1ゾロすれば通常通りファンブルになります。

見識判定

  • 見識判定を戦闘中に行う場合、10秒(主動作1回)として定義します。
    • PCが所持しているアイテムはセッション開始時に自動成功しているものとします。
    • 相手が何かしらの知名度付きアイテムを持っている場合は、見識判定をしてください。

ルール効果と効果

  • 以下の効果は効果として扱われず、ルール効果として扱います。ルール効果は<レストレーション>などで解除できません。専用の行いによって解除できます。
    • 転倒
    • 水中
    • 呼吸ペナルティ
    • 盲目(盲目の原因となっているものが効果である場合解除可能。)
    • 足場が悪い
    • 絡み
    • 四肢欠損
    • 腕・足が使えないペナルティ
    • 金属鎧ペナルティ(一部非金属鎧込み)
    • 食事不足
    • 睡眠不足
    • 穢れによる影響
    • 魔竜の瘴気
    • その他

オリジナル概念

魔剣病

  • 魔剣病 見識17
    • ラクシアのあらゆるものが魔剣になる発症原因不明の珍病にして奇病。
      • 便宜上の病気扱いであり病気属性ではない。
      • 発症すると、徐々に体が動かなくなり、身体が魔剣に成る。死後に死体が変化するケースもある。
      • 治療法は発生させる魔剣の迷宮を攻略する以外には不明。これによって発生した魔剣の迷宮は、生前の心象や経験が大きく反映される。
    • 一説では、<剣の欠片>がラクシアに存在する全ての者に発生しうること、ラクシアの者は殆どが<始まりの剣>によって作られた存在であることから原点に至る先祖返りのようなものとされる。

オリジナル地名

巫女と隷竜の国ラークメルツ

  • 近年、ブランブルグに流入した蛮族によってもたらされた情報によって存在が確認された、蛮族領土で不干渉ながらも勢力を主張する竜の国家です。 "竜の巫女"と呼ばれる存在を中心とした閉鎖国家であり、3頭の古代竜"重竜"ラプティバーン、"双頭の白狼竜"マシルトス、"宝石六眼竜"ガリスメギルドルムとそれに連なる竜達で構成されています。 十四角騎士の一角である"竜道"と懇意にしていると噂されますが、真相は定かではありません。

NPC及びネームドたち

十四角騎士(ドレイクイベント)

  • ドレイクの王によって束ねられていた侯爵級ドレイク群。十四という数字は全員の角の数(1人2本*7人)を示している。
    • "制圧の"ヴァルデギス(討伐済) ♀
      • "穢れの剣"と同等の効果を持つ魔剣を生まれ持った大破局の際に生じた存在の一人。ラルージュ王国を陥落したところを奪還戦内にて討伐。大破局から現在まで王によって監禁されていたため弱体化していた。魔将の領域も使えるため、対人族の街の戦略に特化しているといえる。"視角"曰く食道楽。「ラルージュで王になればふわふわのパンにジューシーな人肉を挟んだサンドイッチが食べ放題になるではないか。」等と供述していた模様。演説をするし、内容も理解するけども内容は自分で考えないなどと、どこか抜けている。
  • "死狂いの"ヴライマスヴルラッド ♂
    • 死の神ザールギアスの神官でありながら死を奪われる加護あるいは呪いを受け、その影響で精神崩壊まで来したドレイク。首を刎ねられても生きていた。突然切り分けた肉片が元に戻った。などと言われる。魔剣は制限が一切無い決死カウンターを与え、翼はぼろぼろで飛行能力が失われている。魔将の領域が使える。魔動機文明黎明時頃、王が拾い制御していた。王亡き今は開放され、神に信奉する。内通者曰くバーサーカー。
  • "視角の"クルヴェイル(討伐済) ♂
    • 本来眼のある位置から赤黒い角が生えた変異種。古代魔法文明時代と魔動機文明時代の空白期から王に仕える。思想家で王の参謀を勤めていた。魔剣の能力に恵まれなかった分用兵が上手く、部下が夏季休暇で帰省できるぐらいにはホワイトで支持も志気も高いため、王亡き後では時期王最有力候補とされていた(他の十四角騎士がアレなだけとも言う)。魔動機械が実用的なので大好き。戦闘中に愛車の安否を気にするほど。軍事工場をいくつか保有しており、工場近くのオアシスの近くで奇襲され討たれる。内通者曰くキモツノ。
  • "歌貴の"ヴァレンティーナ ♀
    • 魔剣の代わりに音響増幅効果のある特殊な翼を持つアンアームドドレイク類。飛行能力と変身能力に若干苦手意識があり、強力な呪歌と現代では珍しい貴族の支配力を持つ。古代魔法文明時代から王に仕えていた古参。内通者曰くクソメンヘラビッチ。
  • "斬撃の"???(名前未出) 性別不明
    • "視角"の推定曰く内通者。裏切り者として真っ先に名前を出されるあたり絶対に仲が悪い。
  • "竜道の"???(名前未出) 性別不明
  • ???(名前未出) 性別不明

巫女と隷竜の国ラークメルツ

  • "竜の巫女"ラークメルツ
    • 詳細不明。3頭の古代竜を始め、数々の竜族を束ねし者。
  • "重竜"ラプティバーン
    • 紫の鱗を持つ、重力を操る古代竜です。この竜の力により、メリアの周辺には重力の崩壊した地帯がいくつも存在しており、ダイヤモンドの群生場所や、果て無き空に打ち上げられる場所、マナタイトに寄らない浮遊列島群、止まない隕石が降り続ける場所が存在します。このため危険地帯だらけになっており、メリアへの接近は困難とされます。
  • "双頭の白狼竜"マシルトス
    • 白い毛並みを持つ狼のような姿をした双頭竜です。3頭の中では最もよく確認されます。雷竜の一種であると同時に、その毛並みは多くの障害を防ぎます。見た目に似合う高い敏捷性を持つ反面、飛ぶことは苦手な様です。双頭竜種に良く見られる宝珠も持ち、高い耐性と格闘能力を有しています。
  • "宝石六眼竜"ガリスメギルドルム
    • 神代に竜に転生した元バジリスクであり、引き継いだ六眼それぞれが別の邪視を宿しているとされます。それ以上の情報はありません。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-14 (金) 19:57:26 (309d)