沖辻総士海難記「1」 : 日誌
オキツジ・ソウシ  (投稿時キャラデータ) Alucard 2020-09-12

[危険感知判定:目標値19] 1 + 1 +【13】= 15

・・・・・・

 目が覚めたとき、私は、海の上を巨大な木片と共に漂っていました。……えっなぜ??
どうしてこうなったのか、現状がまったく理解できませんでした。いやだって起きたら海上
を漂ってるとかどういうことですか。本当にどういうことですか…。私はブランブルグを出て
別国の船に乗って…寝て起きたらこうなってたわけですが。……ていうか遭難ですよねこれ???
 保存食は約1ヶ月、水は…幸い道具もありますし、木片の上は十分に広いので蒸留するとして…
あとは魚釣るしかなさそう…。…キョクトー地方着く前に遭難して死ぬとか嫌なんですけどー!!
 そんな風に私が騒いでいると、海が大きくうねり出します。私の立っていた場所は傾き、
私自身も思わずよろめきました。そして大きな水しぶきが上がり──出てきたのは巨大な
イカでした。……ははーん、さてはこいつですね?(名推理) ていうかすごくこちらを見ている
気がします。きっと気のせいでしょう。私にイカスミが飛んできました。気のせいではありま
せんでした。ああもう、乗ってる船がクラーケンに襲われた上に気づかないとは!!なんて
ことしてくれるんですか!!おかげで遭難してしまったではありませんかこのやろー!?
ばらばらにしてやりますからねっ!!

・・・・・・

 イカって強いんですね。必中攻撃してくるとか聞いてないんですケド。なんとか勝てました
がぼろぼろです…。とはいえ大量のイカの切り身が手に入ったので燻製にしつつしばらくは
これで持たせましょう。海水を蒸留したときの塩があるので味付けにも困らなさそうですし。
 とりあえず夜に星空を見て現在地の把握、それと〈北向きの針〉を照らし合わせて
キョクトーの方に向かうしかありませんね。……はぁ、私、どうなるのでしょうか…。

- 既読者数:34 いいね!:0
2018.10.15から集計
ソード・ワールド2.5およびソード・ワールド2.0は、グループSNE、および富士見書房の著作物です。